2021.10.28
アクセラレーター紹介

「課題・困り事・悩み事を深くヒアリング。お客様のニーズを正しく理解する」

Sony Startup Acceleration Program(“SSAP”)のアクセラレーターは、新規事業の立ち上げを支援し加速するマインドセットとスキルを兼ね備えたプロフェッショナル集団です。それぞれが実際の事業経験を通じて学んだ豊富で専門的な知識を持ち、様々な分野で新規案件の事業化や収益化をサポートしています。

本連載では、SSAPに所属する多数のアクセラレーターの中から各回1名ずつをピックアップしご紹介いたします。

林 慶太 Keita Hayashi

――担当支援領域

ビジネスデザイン

  • Sony Startup Acceleration Programのサービスを、顧客に合わせてカスタマイズして提供

――担当事例

・株式会社みずほフィナンシャルグループ、DIC株式会社、株式会社ジェイテクト、学校法人立命館、他多数
・「Sony Open Innovation Day」の企画運営
・「Sony Open Innovation Village」の企画設計

アクセラレーターインタビュー

――これまでのキャリアを簡単に教えてください。

新卒でソニー(現:ソニーグループ株式会社)入社以来、海外営業畑一筋です。
アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビア、オランダ、ドイツ等、各国の販売会社に出向・赴任し、オーディオやビデオカメラ等のコンスーマー向け製品のマーケティングとセールスを行ってきました。現地のソニーショップの店長も務めました。「どうやって売り上げを伸ばすか?」日夜そればかり考えて奮闘してきましたが、同時に自分の体重も右肩上がりで増え続け、100kgを超えて現在に至っております…。
帰国後は本社スタッフとしてマーケティング・コミュニケーション、中でもグローバルイベントのマネジメントを担当しました。例えばソニーが出展するCES(※1)やIFA(※2)の新商品発表会や展示会、またソニーが協賛するスポンサーシップ活動(FIFA(国際サッカー連盟)Sony Open in Hawaii等)の企画・運営を行いました。SSAPに参画する直前はソニー本社ショールーム「Sony Square」の館長を務めていました。

※1:世界最大級の電子機器の見本市
※2:世界最大級の家電の見本市

――支援するうえで大事にしていることは何ですか?

お客様の課題・お困り事・お悩み事をしっかりと深くヒアリングするようにしています。お客様のニーズを正しく理解する為、なるべくお客様に多く話して頂くように意識しています。また、お客様との商談中にアイスブレイクを入れて場を和ませようと試みるのですが、最近はブレイクせず、凍り付いたままの寒い状況になるので注意しています…。

――SSAPの活動を通して実現したいことはありますか?

SSAPに参画して以降、お客様との商談数が先日250件を超えました。お客様とお会いしたご縁を大切に今後も末永くお付き合いさせて頂きたいと思っています。

――オフの楽しみを教えてください。

キャンプと神社仏閣巡りです。
いつでもすぐにキャンプ場に出発できるように、車のルーフボックスにキャンプ用品を常時積んだまま、一年中スタンバイ状態にしています。キャンプの醍醐味はなんといっても「焚火」。日々のストレスで荒んだ心を焚火が癒してくれます。
パワースポットを求めて神社仏閣巡りもしています。最近では「商売繁盛」のご利益を授かる為、愛宕神社(東京都港区愛宕)で祈願し「出世の階段」を登りましたが、足がもつれて転びそうになりました。

キャンプでの焚火の様子と先日行かれたという三峯神社(埼玉県秩父市三峰)

――最後に一言お願いします。

SSAPでは事業経験豊富なアクセラレーターが実践的な支援を提供すべく、多種多様なサービスメニューを取り揃えてお待ちしております。まずはお問い合わせ頂き、ご相談頂ければと思います。新規事業創出を志す皆様にとって少しでもお役に立てれば幸いです。

 

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から7年間で、80件以上の事業化検証、17の事業を創出(2021年9月末時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

バックナンバー

アクセラレーター紹介

ランキング