2023.05.29
アクセラレーター紹介

「DX戦略を描き、新規事業創出に必要なインフラを創る」

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)のアクセラレーターは、新規事業の立ち上げを支援し加速するマインドセットとスキルを兼ね備えたプロフェッショナル集団です。それぞれが実際の事業経験を通じて学んだ豊富で専門的な知識を持ち、様々な分野で新規案件の事業化や収益化をサポートしています。

本連載では、SSAPに所属する多数のアクセラレーターの中から各回1名ずつをピックアップしご紹介いたします。

アクセレーター西

西 哲也 Tetsuya Nishi

――担当支援領域

DX戦略

  • 新規事業の加速と効率化をプロセスのIT化や教材のデジタル化により促進

――担当事例

StartDashStartDash Officeといったお客様向けサービスの開発マネジメントや導入サポート、新規企画、お客様への支援を円滑に行うためのインフラ整備など

アクセラレーターインタビュー

――これまでのキャリアを簡単に教えてください。

これまで一貫してIT関連のキャリアを歩んできました。新卒でSIer(※1)に入社して5年ほど自社製品開発に携わり、エンジニアとしての基礎を学びました。その後はメガベンチャーに入社し、日本シェアNo.1のBtoCの大規模Webサービス、スマホアプリの開発、運用、プロダクトマネジメントを経験。その後、医療機器メーカーのDX部門に立ち上げ段階から参画し、社内外に向けた多数の新規デジタルサービスの企画、立ち上げに従事しました。

※1 システムインテグレーターの略称。企業や官公庁に向けたシステム構築、運用等を行う企業

――支援するうえで大事にしていることは何ですか?

客観的かつロジカルに物事を見ることです。自分自身が新規事業に携わることになると、どうしても主観や想いが強くなってしまい、正しい判断が出来なくなってしまう場合も多いと聞きます。私の場合、特にエンジニアとして実装に携わっていた期間も長いので、モノづくりへの想いが強くなり、客観的かつロジカルに物事を判断できずに失敗したこともあります。事業に対する想いはもちろん大切ですが、解決したいユーザーの課題は何か、そのソリューションは課題解決につながるのか、常に客観的に物事を評価するように心がけています。

――SSAPの活動を通して実現したいことはありますか?

デジタル技術を活用して、新規事業創出を支援するようなサービス、インフラを生み出していきたいと思います。それらをお客様に活用してもらい、新規事業創出の裾野を広げていきたいです。

――オフの楽しみを教えてください。

昔から格闘技が好きで、過去には総合格闘技、近年はブラジリアン柔術をやっています。

格闘技を行う西さん
格闘技を行う西さん

コロナ過で練習の機会は減りましたが、その分子供と過ごす時間は増え、最近では休日に息子に格闘技を教えたりして過ごしています。

格闘技を教えている様子
格闘技を教えている様子

――最後に一言お願いします。

特にDXは新技術が生まれるスピードも速く変化の激しい分野なので、常に最新の技術、動向をキャッチアップして、お客様に最適な支援が出来るよう心がけていきたいと思います。

 

※本記事の内容は2023年5月時点のものです。

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により690件以上の支援を24業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2024年5月末時点)

バックナンバー

アクセラレーター紹介

ランキング