2023.02.22
アクセラレーター紹介

「総合商社での新規事業開発経験を活かして、お客様に新たな視点を」

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)のアクセラレーターは、新規事業の立ち上げを支援し加速するマインドセットとスキルを兼ね備えたプロフェッショナル集団です。それぞれが実際の事業経験を通じて学んだ豊富で専門的な知識を持ち、様々な分野で新規案件の事業化や収益化をサポートしています。

本連載では、SSAPに所属する多数のアクセラレーターの中から各回1名ずつをピックアップしご紹介いたします。

アクセラレーター吉村

吉村 光紘 Mitsuhiro Yoshimura

――担当支援領域

ビジネスデザイン

  • 顧客の課題を診断し、解決するソリューション開発や結合インフラの提供で新規事業開発を促進

――担当事例

・大企業内新規事業プロジェクトの課題と解決策を整理し、解決策を実行する上で必要なスキルセットの可視化・分析を行う

アクセラレーターインタビュー

――これまでのキャリアを簡単に教えてください。

現職のソニーグループ株式会社を含め、政府系金融機関、総合商社と3社経験をしています。政府系金融機関では、海外の政府系機関向けの融資やインフラ事業の開発を担当していました。

その後、総合商社へ転職。海外インフラ案件のプロジェクトマネジメントやパートナーとのアライアンス構築を担当した後、国内外における新規事業の開発やベンチャー向けの投資等を担当してきました。
SSAPではこれまでの経験を活かして、新規事業シニアアナリストとして、主に大企業内新規事業の課題の整理やゴールに向けた次のステップを可視化するコンサルティングを行っています。長らく既存事業の運営に携わった後で、新規事業開発を担当した経験があるため、初めて新規事業開発に取り組む方々が感じる難しさや既存事業との違いに戸惑われるお話に共感することが多いです。

――支援するうえで大事にしていることは何ですか?

2つあります。
1つ目は、お客様が何か1つでも新しい視点や発見を得られるよう、心掛けています。新規事業の専門組織の一員として、多様な事業や組織の方々と接し観察しているからこそ得られる私なりの視点が必ずあると思います。日々お客様と向き合う中で、そうした視点からお客様の現状や課題、そして目標を捉え、意見交換をすることで、お客様に「そんな風に考えてみたことがなかった」と言って頂けるような視点を提供していきたいと考えています。
2つ目は、新規事業を再現可能にすることです。新規事業における成功体験や失敗体験を収集・分析していくことを通じて、新規事業の成功を再現するために必要なことを形式知として抽出し、皆様に共有できたらと思っています。

――SSAPの活動を通して実現したいことはありますか?

少子高齢化先進国であり、人生100年時代の日本だからこそ、年齢を問わずあらゆる人が仕事を通じて活躍できる社会創りが求められていると考えています。SSAPの活動を通じて、新しい事業の創出を支援し、日本に新たな仕事や市場を生み出すことに貢献していきたいです。

――オフの楽しみを教えてください。

オフは、読書や水泳、コロナ禍を機に始めたランニングを楽しんでいます。
また、最近は飼っている愛猫を散歩に連れて行くことがあります。我が家の愛猫はあまり動かずじっとしていることが多いため、散歩というより一緒に日向ぼっこをしている感覚になります。

愛猫との散歩の様子
愛猫との散歩の様子

――最後に一言お願いします。

「何から手を付けてよいか分からない」、「これまで順調に事業推進できていたが、行き詰まってしまった」、「事業は順風満帆だが、他の視点も得てみたい」等、新規事業がどのようなステージにあっても、是非一度ご相談ください。お客様の新規事業推進を後押しするお手伝いができればと思っています。

 

※本記事の内容は2023年2月時点のものです。

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により270件以上の支援を22業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2022年12月末時点)

バックナンバー

アクセラレーター紹介

ランキング