2022.03.24
アクセラレーター紹介

「“何がお客様のためになるか”を強く意識。持続可能な成果が残せるように支援する」

Sony Startup Acceleration Program(“SSAP”)のアクセラレーターは、新規事業の立ち上げを支援し加速するマインドセットとスキルを兼ね備えたプロフェッショナル集団です。それぞれが実際の事業経験を通じて学んだ豊富で専門的な知識を持ち、様々な分野で新規案件の事業化や収益化をサポートしています。

本連載では、SSAPに所属する多数のアクセラレーターの中から各回1名ずつをピックアップしご紹介いたします。

アクセラレーター寺井

寺井 岳見 Takami Terai

――担当支援領域

経営管理・財務戦略

・新規事業の成長を経営管理・財務戦略の観点から支援

――担当事例

株式会社SynecO等

アクセラレーターインタビュー

――これまでのキャリアを簡単に教えてください。

大学卒業後はコンサルティングファームに入社し、経営戦略やプロジェクト推進を担当していました。その後、大企業とベンチャー企業で経営・事業企画、財務戦略、管理業務全般に従事してきました。ソニーグループ株式会社入社後は、新規事業の経営管理と財務戦略の担当として、大企業とベンチャー企業で働いた経験を活かし新規事業における経営管理業務フローの策定等の支援を行っています。

――支援するうえで大事にしていることは何ですか?

基本的なことですが、「何がお客様のためになるか」を強く意識しています。目先の結果を出すことはもちろんですが、その場限りではなく先々まで見据えて、お客様が持続的に成果を出せるように支援を行っています。支援をする中で特に大事にしているのが柔軟性とコミュニケーションです。

経営管理は、会社や組織の目標を達成するために、計画を策定、調整、管理する経営手法のことです。お客様の目標達成に向けて会社や社会、経済や市場の動きを注視しながら、その時の環境にあった最適な支援策を常に検討できるよう柔軟に対応するようにしています。
また、経営管理は理屈やロジックが分かれば未経験者でも理解が深まるため、具体的な支援内容の背景や目的、結果に至るまでのロジック等、お客様に寄り添いながら、わかりやすくコミュニケーションすることも大切にしています。

――SSAPの活動を通して実現したいことはありますか?

起業や新規事業の立ち上げ支援を通じて、より多くの企業の課題を解決し、社会の活性化に貢献していきたいです。大企業とベンチャー企業の両方を経験しましたが、大企業では新規事業の立ち上げで、ベンチャー企業ではリソースや経験・知識不足で苦戦しました。自分の経験を活かしながら、多様なお客様のニーズに応えるサービスを提供していきたいです。将来的には、大企業とベンチャー企業が持っているリソースを互いに活用できる、そんなエコシステムやプラットフォームを作り、インパクトの大きい社会貢献を実現していきたいです。

――オフの楽しみを教えてください。

野球やスポーツ観戦が大好きで、コロナ禍前は週末にはよく観戦に行っていました。今はインターネット等での観戦を楽しんでいます。純粋にゲームを楽しむだけでなく、試合やペナントレースでの戦略や選手の使い方や商売・ビジネスの観点からもスポーツを楽しむようになりました。また最近では家にいることが多いので、趣味と実益を兼ねて料理をよく作るようになりました。上手ではないのですが、とても楽しく、レパートリーも増え、今はオーブンを使った料理に挑戦しています!

コロナ禍前によく試合観戦をしていた東京ドームと寺井さん
コロナ禍前によく試合観戦をしていた東京ドームと寺井さん

――最後に一言お願いします。

環境変化が激しい今こそ、新たな挑戦が必要です。SSAPには挑戦に必要なノウハウや経験があるアクセラレーターがたくさんいます。一緒に新しいことへ取り組んでいきましょう。

 

※本記事の内容は2022年3月時点のものです。

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から9年で、120件以上の事業化検証、20の事業を創出(2022年6月末時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、新規事業支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

バックナンバー

アクセラレーター紹介

ランキング