2021.08.02
アクセラレーター紹介

「アイデアや市場の可視化・定量化でプロジェクトを加速する」

Sony Startup Acceleration Program(“SSAP”)のアクセラレーターは、新規事業の立ち上げを支援し加速するマインドセットとスキルを兼ね備えたプロフェッショナル集団です。それぞれが実際の事業経験を通じて学んだ豊富で専門的な知識を持ち、様々な分野で新規案件の事業化や収益化をサポートしています。

本連載では、SSAPに所属する多数のアクセラレーターの中から各回1名ずつをピックアップしご紹介いたします。

ソニーグループ株式会社 木村 隆志

木村 隆志 Takashi Kimura

――担当支援領域

スタートアップマーケティング

  • 新規事業の売り上げや利益の最大化のためにニーズ検証・営業マーケティング・EC・クラウドファンディングの観点から支援援

――担当事例

主に商品企画・マーケティング領域の支援を担当

  • 京セラ株式会社、株式会社LIXIL等の大企業を多数担当
  • ソニー・東京大学・JAXAによる「Sony Space Entertainment Project」、Virtual Production Business、等

アクセラレーターインタビュー

――これまでのキャリアを簡単に教えてください。

ソニー入社前は、マーケティングリサーチ会社にて、社外クライアントの様々な事業領域・フェーズにおける、リサーチ・コンサルティング業務に従事していました。
ソニーに入社してからは、映像機器の商品企画業務を経てSSAPに参画しました。

――支援するうえで大事にしていることは何ですか?

商品のアイデアや市場のニーズ/規模/競合状況などを徹底的に可視化・定量化しながら、プロジェクトを加速支援することを大事にしています。可視化・定量化は、例えば次の様に、経営資源を上手く活用できることに繋がります。

  • 人が集まる
    自身の商品アイデアを言葉で伝えるだけでなく、ドキュメントや試作品など目に見える形で可視化することで、周囲の人や組織に想いをよりクリアに伝える事が出来るようになります。
    これによって、周囲に共感者が増え、上手くプロジェクトに巻き込むことも出来ます。
  • お金が集まる
    商品の市場規模や成長性など、事業の有望度を論理的かつ客観的に定量化することで、マネジメントの決裁を取得できたり投資家から出資を募れるようになります。
  • 時間を有効活用できる
    お金と同じくらい時間は大切な経営資源であり、いかに手戻りなく判断を進められるかが、勝負となります。
    商品のアイデアや市場規模など、各アイテムを徹底的に可視化・定量化することで、関係者間の認識の齟齬や、不毛な感情論・精神論を避け、時間を有効活用することが出来ます。

なお、定量化に関しては、その数字の利用目的に応じ、精度レベルをコントロールすることを意識しています。目的を逸脱し闇雲に精度を追う事は、数字の海に溺れ時間を浪費する事に繋がります。
往々にして、「質より量」での精神で、判断に必要な精度で走りつつ軌道修正しながらの方が、最終的に短時間で正確な判断に繋がると、経験上捉えています。

――SSAPの活動を通して実現したいことはありますか?

「人」が成長することで、長期的な視点でも新しい商品やサービスが沢山生まれる世の中を実現したいです。

新規事業の成功の為には色々な要素が関係しますが、個人的には「人」の要素が最も大きいと捉えています。SSAPの活動を通して目の前の新規事業の成功を目指すのも勿論ですが、支援させていただく皆さまに、SSAPとの関わりの中で気付き・学びをご提供できるよう貢献していきたいと考えています。
その「人」の成長が、長期的な視点でも新しい商品やサービスが沢山生まれることに繋がり、結果的により多くの社会課題が解決されるものと信じています。

――オフの楽しみを教えてください。

アウトドアを楽しむことが多いです。特に、離島巡りやダイビング、スキー、キャンプ、登山は学生時代から続けています。
気持ちは完全にオフの状態ですが、例えば本格的な登山の場合、山頂に到達する為のルート選びやチーム編成、装備、スケジューリングなど、ふと気が付くと、結局オンでやっているプロジェクト思考をベースに楽しんでいることも。

また、馴染の場所に滞在するよりも、苦労してでも、未知の場所を開拓する方が好きです。
自身が新規事業に惹き付けられる理由が、そこにも表れているような気がします。

キリマンジャロの山頂でジャンプしている木村さんの写真
キリマンジャロ(2019年1月)

――最後に一言お願いします。

SSAPには、私以外にも様々な領域のプロフェッショナルがアクセラレーターとして所属しており、これまでの新規事業創出経験の中から生まれた、実践的なプログラムを多数ご用意しています。

実際の事業をベースとし、かつソニーのモノづくりやデザインのエッセンスを盛り込む事で、他にはないリアリティをもった(地に足の付いた)ご支援が出来るものと自負しております。
まずはお気軽に、SSAPの説明会へご参加・ご相談ください。皆様とご縁がありますことを楽しみにしております!

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から7年間で、80件以上の事業化検証、17の事業を創出(2021年6月末時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

バックナンバー

アクセラレーター紹介

ランキング