2022.03.28
SSAPのサービスメニュー紹介

【SSAPのサービスメニュー】MVP仮説構築・精査/ニーズ検証

法人向け問い合わせ

Sony Startup Acceleration Program
「MVP*仮説構築・精査/ニーズ検証」で出来ること

顧客像・顧客課題の仮説作り、必要最低限の価値の仮説作り、顧客インタビュー(答え合わせ)

R&D部門や素材メーカーなど、技術(シーズ)を持っているがどの部分を誰に提供すべきか分からない方へ、技術を活かす方法をガイドするメニューです。ポイントになるのは提供価値の絞り込み。商品の特徴や競合との差別化要素を洗い出し、ターゲットとなる顧客の人となり・悩みを掘り下げ、その悩みを過不足なく解決できる提供価値を定めます。ニーズ検証では顧客インタビューを行い、課題と提供価値に関する仮説が正しいかを確認。想定していた顧客像が異なる場合や、顧客の実際の悩みが想定していた提供価値では満たされないとわかった場合には、ターゲットを再設定したり、商品の内容や価格を見直したりするなど更なる検討をアクセラレーターと共に行います。

*MVP:Minimum Viable Productのこと(顧客に必要最低限の価値を提供できるプロダクトのこと)

Sony Startup Acceleration Program
「MVP仮説構築・精査/ニーズ検証」が選ばれる理由

仮説作りから支援、次のステップを示唆、客観的視点

ニーズ検証を市場調査会社に依頼する場合、回答結果とその分析レポートが納品されるのが通常です。この場合、質問に対して何割の方が同意したかなど数字は把握できても、顧客像や商品案の見直しにまでレポートが踏み込む例は少ないかもしれません。Sony Startup Acceleration Program(SSAP)の特徴は、調査課題となる仮説作りから協働して行うこと。またニーズ調査の結果を受けて、次に進むべきステップや変更が必要な点を示唆します。この時のポイントが、仮説から一緒に作った「当事者」としての視点だけでなく、客観的な視点も提供することです。内外両サイドの視点からアドバイスし、必要な場所に立ち戻り共に仮説を組み立てていきます。また技術(シーズ)を元にしたブランディング提案も行っています。

MVP仮説構築・精査/ニーズ検証 担当者例

小澤 勇人 経歴:エンジニアとして技術開発から量産まで一貫したものづくりを経験した後、企画職としてウォークマン®・Xperia ™ タブレットやソニーを代表する製品を担当。スタートアップマーケティングチームを統括しながら、アクセラレーターとしても活躍。
市川 亜紀子 経歴:ソニーの放送機器部門でシステムを担当した後、コンスーマー部門においてCLIEの商品企画を担当。IR/SR部門で対外コミュニケーション、SSAPにて新規事業プロジェクトのプロジェクト管理に従事。その経験を活かし、新規商品・サービスのPRを通じた企業間連携の促進を支援。
木村 隆志 経歴:マーケティングリサーチ会社にて、リサーチ・コンサルティング業務に従事した後、ソニーの映像機器の商品企画を担当。SSAPでは市場調査から商品企画、販売マーケティングまで幅広い領域を担当し、京セラ株式会社や株式会社LIXILなどを支援。
後藤 庸造 経歴:ソニーの業務用カメラのマーケティング担当として業界シェアトップを獲得。ハンディカム、デジタルカメラ、CLIE、テレビ、ウォークマン®、ストレージメディアなどソニーを代表する製品の商品企画を歴任。長年の商品企画経験を活かし、株式会社LIXILなど多くの企業を支援。
清水 稔 経歴:インダストリアルデザイナーとしてCyber-shotやXperia™など、ソニーを代表する製品のデザインを担当。SSAPから生まれたwenaやtoio™などの新規事業のデザインマネジメントに加え、大企業やスタートアップの新規事業アイデアのデザイン面での可視化に貢献。
松岡 秀峰 経歴:ソニーの業務用AV/ITシステムのセールス・マーケティングを起点に、ウォークマン®、PC、ハイレゾリューションオーディオなどの商品企画や海外パートナーとの開発協業に従事。SSAPにて新規事業の商品企画・ニーズ検証支援を担当。

サービス導入事例

京セラ株式会社様
音が出る子どもの仕上げ磨き用歯ブラシ「Possi」のニーズ検証を支援。ニーズ検証全体の各ステップの設計から、インタビューで使用する質問内容の要素分解・仮説立てをサポートしました。当初小さな子どもを持つ女性を対象としていた「Possi」でしたが、ニーズ検証を通してピポッドを行い、顧客像やセールスポイントの見直しを実施。ターゲットを小さな子どもを持つ男性に変更したことで、クラウドファンディングに成功し、2020年12月に事業化を実現しています。>>もっと見る

株式会社LIXIL様
電動オープナーシステム「DOAC」のコンセプト・ビジネスモデル整理から販売マーケティングまでを支援。マーケティング面での課題であった潜在顧客へのPR方法の立案に向けて、ニーズ検証を行いました。「DOAC」を必要とする方を明確化し、その人物像にあったユーザーへインタビューを実施。ユーザーのリアルな体験や声を丁寧に収集し、マーケティングメッセージを立案することで、ユーザーに響くマーケティングプランの作成を実現しました。>>もっと見る

法人向け問い合わせ
個人向け問い合わせ・FAQ

関連するサービス
←(前のサービス)市場・外部環境調査
→(次のサービス)PoC計画策定

すべてのサービス
SSAPサービスメニュー

SSAPをさらに詳しく
・30秒で分かるSony Startup Acceleration Program
・SSAPのサービスメニュー(価格・内容・実例)が30分で分かる説明会
・SSAPのすべてが分かる総合説明会
・SSAPご紹介資料をダウンロード

 

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から9年で、120件以上の事業化検証、20の事業を創出(2022年6月末時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、新規事業支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

バックナンバー

SSAPのサービスメニュー紹介

ランキング