2022.03.28
SSAPのサービスメニュー紹介

【SSAPのサービスメニュー】フィジビリティ検証計画策定

法人向け問い合わせ

Sony Startup Acceleration Program
「フィジビリティ検証計画策定」で出来ること

ユーザーシナリオの 具体化、シナリオに沿った 商品仕様の可視化、仕様に必要な部品、 技術の可視化

提供価値の骨子が可視化され、いざ商品を可視化しようとしても、「接続」や「充電」、「インターフェース」、「外形サイズ」、「コスト」など、商品構成やシステム構成を検討する上で、既存技術でできることと、開発が必要な要素を選別することは重要です。経験が不足していることで多大な時間を要する、または開発要素がありすぎてプロジェクトが止まってしまうことがあります。「フィジビリティ検証計画策定」支援では、ソニーで商品化プロセスを経験してきたアクセラレーターが支援することで、効率良く商品仕様を可視化することができます。

Sony Startup Acceleration Program
「フィジビリティ検証計画策定」が選ばれる理由

事業化実績のある商品企画、量産経験のあるエンジニア、経験とノウハウ

「フィジビリティ検証計画策定」支援では、事業化実績のある商品企画担当者が、お客様の提供したい価値に沿って、ユーザーシナリオを可視化していきます。消費者が感動する場面や、利用頻度が高い場面など特徴的な場面はもちろん、見落としがちですが仕様によってはデメリットが伴う場面など、注視する場面を見落とさず、シナリオに紐づく形で商品仕様を決めていくには経験が必要です。また仕様を決めていく際、実現性はあるのか、コストはかからないか、どんな大きさになるか、どの程度の開発が伴うかなど、技術面の経験も必要です。Sony Startup Acceleration Program(SSAP)では、事業化実績のある商品企画とエンジニアがアクセラレーターとして支援しており、ご利用のお客様から高い評価を頂いています。

サービス導入事例

株式会社グレースイメージング様
「乳酸センサーをウェアラブルデバイスとして装着して疲労を可視化する」というアイデアの実現に向けて、フィジビリティ検証計画策定からプロトタイピングまでを一気通貫で支援。ユースケースを共に検討し、それに合わせた商品仕様策定と検証を重ねることで、無駄のないプロトタイピングを実現しました。
取り組みが認められ、2021年には慶應イノベーション・イニシアティブから出資を獲得した他、東京都先端医療機器アクセラレーションプロジェクトの補助事業対象者に選定。治験に向けて引き続きSSAPが支援しています。>>もっと見る

法人向け問い合わせ
個人向け問い合わせ・FAQ

関連するサービス
←(前のサービス)コンセプト・ビジネスモデル整理 
→(次のサービス)事業戦略・事業計画策定

すべてのサービス
SSAPサービスメニュー

SSAPをさらに詳しく
・30秒で分かるSony Startup Acceleration Program
・ソニーの新規事業ノウハウが分かる 各種説明会のご案内

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により680件以上の支援を24業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2024年4月末時点)

バックナンバー

SSAPのサービスメニュー紹介

ランキング