2021.04.02

【連載】「ソニー・京セラ・ライオン」大企業の三社共創、9か月でアイデアが形に

2021年5月末に一般発売を予定している京セラ株式会社(以下京セラ)の音が出る歯ブラシ「Possi(ポッシ)」。サービス提供開始から約9か月という短期間でアイデアを形にしクラウドファンディングを開始、2000万円の目標額を上回る形で達成という異例づくしの背景には、ライオン株式会社(以下ライオン)・ソニーグループ株式会社(以下ソニー)とのオープンイノベーションがありました。

京セラが自社の技術力を生かした新事業を立ち上げたいと考えたことがきっかけで始まった、Possiの事業化。リーダーの強い想いに多くの人が共感し、Sony Startup Acceleration Program(SSAP)の事業化支援のもと、三社が総力を挙げて取り組んだ前例なきストーリーをご紹介します。
 


■番外編
<マネジメントより>
「そこまでするのか」と言われても。協業を通してマネジメントが大切にしたかった「体験」とは
キーワードは「共感」。京セラの3人、リーダー・マネジメントが語る「これから」

クリエイティブチームの振り返りインタビューがソニーデザインのWebサイトに掲載されました!
SSAPが支援した仕上げ磨き専用歯ブラシ「Possi」、事業化・一般発売を開始!


SSAPの支援サービスがわかる! 無料オンライン説明会実施中

SSAPはPossiの事例の他、7年で17の事業化を行った実績がありこれまで13業界にサービスを提供してきました。最短3か月で成果を可視化することができます。サービス内容が詳しくわかる無料の説明会を実施しています。オンラインでご参加いただけますので、お気軽にお申し込みください。詳細はこちら

SSAPへのお問い合わせ

SSAPでは貴社の課題やニーズに合わせて、新規事業経験のあるビジネスデザイナーによるプログラム紹介をさせていただいております。是非一度オンラインミーティングで直接プログラムに関する打ち合せをしませんか?お問い合わせはこちら

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から7年間で、80件以上の事業化検証、17の事業を創出(2021年6月末時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

ランキング