2023.09.29
課題マップ50 ソリューション

次世代機種に向けた改善

法人向け お問い合わせはこちら

ソニーの新規事業支援プログラムSony Startup Acceleration Program(SSAP)は、現行機種で抱えている課題を分析し、次世代機種に向けた改善仕様をソニーのエンジニアが策定する「次世代機種に向けた改善」を法人のお客様を対象に有償提供しています。

次世代機種に向けた改善

お悩み 既存機種の課題を克服したいが、課題の分析・改善仕様の策定ができる人材がいない/外注先から次世代機種に対する改善案が届いているが、第三者によるアドバイスが必要

新規事業においては、すでにリリースしている既存機種から性能面を進化させ、次世代機種の開発を推進することも重要です。次世代機種の検討にあたっては、既存機種の課題を分析し、改善仕様にまとめていく必要があります。SSAPの「次世代機種に向けた改善」では、設計開発から量産・市場不良解析までの経験を持つソニーのエンジニアが、次世代機種の改善仕様策定を支援します。既存機種の課題をヒアリングし、貴社の要望や既存機種の課題に合わせた技術的視点でのアドバイスを提供。部品の取捨選択や最適化による小型化・省電力化、バッテリの長寿命化、高品質化等の検討が可能です。また、既に外注先から次世代機種に対する改善案が届いている場合には、嚙み砕いて説明し技術的視点でアドバイスを行います。次世代機種の開発に際して、技術的な観点でアドバイスが欲しい方におすすめのサービスです。

■支援の特長

・設計開発から量産・市場不良解析までの経験を持つソニーのエンジニアによる支援
・次世代機種に対する要望や既存機種の課題をヒアリングし、その要望や課題に合わせて技術的視点でコンサルティング
 

■こんな方にオススメ

企業内で新規事業を推進する中で、具体的な課題をお持ちの方へ。SSAPのビジネスデザイナーが課題の整理をお手伝いします。
 

■ご相談対象例

・社内公募の企画設計に関する課題整理 
・新規事業の推進に関する課題整理

法人向け お問い合わせはこちら

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により690件以上の支援を24業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2024年5月末時点)

バックナンバー

課題マップ50 ソリューション