2023.09.29
課題マップ50 ソリューション

事業性検証代行

法人向け お問い合わせはこちら

ソニーの新規事業支援プログラムSony Startup Acceleration Program(SSAP)は、法人のお客様を対象に、客観的に投資判断ができる事業性検証レポートを提示する「事業性検証代行」を有償提供しています。

事業性検証代行

お悩み 投資判断のつかない事業アイデアや技術がある/事業性を判断するための検証結果が欲しいが検証を進めるリソースとスキルが不足している

新規事業への投資判断を行うにあたり、事業性の検証結果は重要なエビデンスとなります。SSAPの「事業性検証代行」は、市場性や競合分析および想定顧客とのPoC(Proof of Concept)を代行し、貴社のマネジメントが事業への投資判断をするために必要なエビデンスを提供するサービスです。実際に事業立ち上げ経験のあるアクセラレーターが、「顧客はいるか(蓋然性)」「その事業が育つのか(事業規模)」「勝てるのか(優位性)」「期を捉えているか(市場性・タイミング)」の4つの視点のエビデンスを揃え、事業への投資判断を行うために必要な事業性検証レポートを提供します。

■支援の特長

・顧客ニーズ、事業規模、競合優位性、市場環境等、マネジメントや出資者が投資判断ができるだけのエビデンスを用意する代行支援
・実際に事業立ち上げ経験のあるアクセラレーターが対応
 

■こんな方にオススメ

企業内で新規事業を推進する中で、具体的な課題をお持ちの方へ。SSAPのビジネスデザイナーが課題の整理をお手伝いします。
 

■ご相談対象例

・社内公募の企画設計に関する課題整理 
・新規事業の推進に関する課題整理

法人向け お問い合わせはこちら

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により690件以上の支援を24業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2024年5月末時点)

バックナンバー

課題マップ50 ソリューション