2022.06.20
新規事業組織の"リアル"大解剖

#02 プロジェクトチームの人数、最も多いのは●人。10人以上の大きいチームは何%?

本連載は企業内新規事業に従事する方にアンケートを行い、 企業内新規事業の"リアル"に迫る企画です。
第2回のテーマは、「新規事業プロジェクトチームの人数」。みなさんどのくらいの人数で新規事業プロジェクトを進めているのでしょうか?

(調査概要:2022年4月、Sony Startup Acceleration Program(SSAP)の公式サイトで実施した、企業内新規事業に従事する321名に対するアンケート)

Q.あなたの新規事業プロジェクトのチームは何人で構成されていますか?

1~3人:45%、4~6人:26%、7~9人:12%、10人以上:17%

今回のアンケートでは、45%の方が「1~3人」という非常に少ない人数でプロジェクトを推進していると回答。
企業規模別でみると、300人以上の企業では「1~3人」「4~6人」「10人以上」それぞれの回答割合に大きく差はなかったものの、300人未満の企業では「1~3人」と回答された方が67%と突出。企業の規模が小さくなるほど、チームの人数も少なくなる傾向にあることがわかりました。人件費を含め、潤沢な予算を確保しづらい背景もあるかもしれません。

10人以上でプロジェクトを進めている方の場合は「課長クラスまで現場に出て対処(一般社員)」などチームワークで解決を試みる場合もある一方、1~3人のチームに絞ると、お互いにカバーしあうよりも「一部の開発をアウトソーシング(経営者)」「プロジェクトに賛同してくれる有志による作業工数で補っている(プロジェクトリーダー)」などチーム外のリソースを活用し、人数の補填をしているという回答が見受けられました。

■1~3人のプロジェクトチームにお勧めのSSAPサービスメニュー
新規事業開発に必要なサービスを網羅。SSAPのアクセラレーターがゼロからプロジェクトに伴走し支援するため、少ない人数のチームでも短期間で成果を出すことが可能な「新規事業育成パッケージ

■新規事業組織の"リアル"大解剖では、2022年7月29日(金)まで新規事業に関するアンケートを実施中。企業内で新規事業をご担当の方はぜひ回答をお願いいたします!ご協力頂ける方はこちら

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から8年で、100件以上の事業化検証、19の事業を創出(2022年3月末時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、新規事業支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

ランキング