2022.07.25
新規事業組織の"リアル"大解剖

#07 プロジェクトチームに足りないスキル「営業」「PR・マーケティング」「デザイン」の中で1番不足しているのは?

本連載は企業内新規事業に従事する方にアンケートを行い、 企業内新規事業の"リアル"に迫る企画です。
第7回のテーマは、「プロジェクトチームに足りないスキル ―営業・PRマーケティング・デザイン編―」。比較的ニーズが高かったこの3つの中で、みなさん特にどのスキルを求めているのでしょうか?

(調査概要:2022年4月、Sony Startup Acceleration Program(SSAP)の公式サイトで実施した、企業内新規事業に従事する321名に対するアンケート)

Q. 今の新規事業チームに足りないスキルがある場合、具体的にどのようなスキルですか?(※複数回答可)

営業 42%、PR・マーケティング 30%、デザイン21%

「営業」が足りないと回答された方が最も多く42%。次いで「PR・マーケティング」が30%、「デザイン」が21%という結果でした。
企業規模別でみると、営業スキルのニーズは300人未満の企業で27%、300人以上の企業で55%と大きな差があった一方で、PR・マーケティングやデザインのニーズはほぼ変わらないことがわかりました。企業規模が大きい会社では、企画職やR&Dなど営業以外の職種の方が新規事業を担う傾向があるのかもしれません。

この他に足りないスキルとして挙げられた回答の中には「社内調整する説得力(課長)」「経営者の新規事業に対する理解(部長)」なども見受けられ、こうした"社内営業"ともいえるスキルについては企業規模に関わらず求められているようです。

■営業やPR・マーケティングのスキル不足を解決する、SSAPのお勧めサービスメニュー
事業化経験のあるアクセラレーターとデザイナーが効果的な戦略立案やプロモーションアイテム制作、ビジネスパートナー募集を支援する「販売マーケティング

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により620件以上の支援を23業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2024年1月末時点)

バックナンバー

新規事業組織の"リアル"大解剖

ランキング