2023.02.06
新規事業組織の"リアル"大解剖

#27 モチベーションの維持が難しいのは、新規事業推進のどのような時?上位5つを発表!

本連載は企業内新規事業に従事する方にアンケートを行い、 企業内新規事業の"リアル"に迫る企画です。
第27回のテーマは、「新規事業推進において、モチベーション維持に苦労した時」。第26回で、80%以上の新規事業担当者がモチベーション維持に苦労していることがわかりましたが、具体的にどのような出来事があると、モチベーションが下がってしまうのでしょうか?回答が多かった上位5つをご紹介します。

(調査概要:2022年6月~7月、Sony Startup Acceleration Program(SSAP)の公式サイトで実施した、企業内新規事業に従事する274名へのアンケート)

Q.新規事業を進めるにあたり、モチベーション維持に苦労したと答えた方は、具体的にどのような時にモチベーション維持が難しいと感じましたか? 
(※複数回答可/新規事業推進において、モチベーション維持に苦労したことがあると回答した221名が回答)

なかなか事業の成果が出ない時 48%、アイデアや計画が上層部に却下された時 48%、スケジュール通りに進まない時 41%、業務量が多すぎる時 39%、プロジェクトメンバーや関係者とのコミュニケーションに難航した時 38%

最も多かったのは、「なかなか事業の成果が出ない時」と「アイデアや計画が上層部に却下された時」で48%。3位は「スケジュール通りに進まない時」の41%でした。
第26回で「モチベーション維持に苦労している」と回答した割合が最も多かった係長・主任は「なかなか事業の成果が出ない時」と「アイデアや計画が上層部に却下された時」が共に53%と高い傾向にありました。また「業務量が多すぎる時」も47%と他の役職に比べて高いことがわかりました。

企業内新規事業は期限内に成果を出すことを求められがちな一方、上層部の承認などがスムーズにいかないことが多く、モチベーション低下につながることが多いのかもしれません。
モチベーションアップの具体的な方法として多くあがったのは「他社の同じ立場の人を参考にする(一般社員)」「他社や周囲の人に相談し、意見を聞き、アドバイスを貰う(一般社員)」など他社を参考にするという意見。この他「1人で悩まず、周りの人を巻き込む(係長・主任)」「できるだけプロジェクトメンバーと会話する機会を設ける(係長・主任)」などコミュニケーションに関する回答も多数ありました。

■事業化を目指す新規事業プロジェクトチームにお勧めのSSAPサービスメニュー
フェーズに合わせて今必要なメニューを選べる「プロジェクト向け事業育成支援

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により690件以上の支援を24業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2024年5月末時点)

バックナンバー

新規事業組織の"リアル"大解剖

ランキング