2022.06.13
新規事業組織の"リアル"大解剖

#01 新規事業プロジェクトチームの人数、足りていると答えた人はわずか●%!

本連載は企業内新規事業に従事する方にアンケートを行い、 企業内新規事業の"リアル"に迫る企画です。
第1回のテーマは、「新規事業プロジェクトの人数が足りているか?」。どのくらいの割合の方が人数不足に悩んでいるのでしょうか?

(調査概要:2022年4月、Sony Startup Acceleration Program(SSAP)の公式サイトで実施した、企業内新規事業に従事する321名に対するアンケート)

Q.あなたの新規事業プロジェクトの人数は足りていますか?

人数が足りていない72%、人数が足りている28%

今回のアンケートでは、「プロジェクトの人数が足りている」と答えたのはなんと3割以下。人数不足に悩む方が7割以上を占めていました。「足りていない」と回答をされた方を役職別で見ると、最も多いのが係長・主任職で79%、最も少ないのが部長職で63%でした。現場とマネジメント層の考えに違いがあるのかもしれません。

人手不足の中で、みなさんどのように業務をカバーしているのでしょうか。回答では「解決策は見つからず、ただ主要メンバーが休みなく働くだけ(部長)」「残業で乗り切る(係長)」など1人1人の業務負担を増やすという方が多く、苦しい状況下で業務にあたっていることがわかりました。

■「人手が足りない」という課題を解決する、SSAPのお勧めサービスメニュー
欲しいスキルやフェーズに合わせて今必要なメニューを選べる「プロジェクト向け事業育成支援

■新規事業組織の"リアル"大解剖では、2022年7月29日(金)まで新規事業に関するアンケートを実施中。企業内で新規事業をご担当の方はぜひ回答をお願いいたします!ご協力頂ける方はこちら

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から8年で、100件以上の事業化検証、19の事業を創出(2022年3月末時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、新規事業支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

ランキング