2022.12.12
新規事業組織の"リアル"大解剖

#21 上層部への●●不足が提案却下を招く!?事前に準備できることは?

本連載は企業内新規事業に従事する方にアンケートを行い、 企業内新規事業の"リアル"に迫る企画です。
第21回のテーマは、「新規事業の提案が承認されなかった理由 ―上層部の知識編―」。提案が通らなかった理由として、上層部に特定の業界や技術に関して理解してもらえなかったことが回答として多く挙げられました。具体的にどのような課題があるのでしょうか?

(調査概要:2022年6月~7月、Sony Startup Acceleration Program(SSAP)の公式サイトで実施した、企業内新規事業に従事する274名へのアンケート)

Q.新規事業を推進する上で、新規事業の提案書や企画書・事業計画書などを経営陣に提案し承認を得ようとした経験がある方へ。提案が通らなかった時、何が不足していたと考えられますか?
(※複数回答可/経営陣に新規事業の提案を行ったことがあると回答した214名が回答)

上層部の新市場に関する知識35%、上層部の技術的な知識不足17%

事業計画は、あくまで相手に分かるように伝えるということが重要です。特に既存事業からの飛び地で新規事業を提案する際には、基礎知識も含めた必要な情報をいかに分かりやすく説明できるかが肝心といえます。今回の調査では、特に「上層部の新市場に関する知識」が無かったために承認判断してもらえなかったというケースが35%で、「上層部の技術的な知識不足」よりも多いという結果になりました。この2点においては企業規模別の大きな差は見られず、どの企業においても共通して立ちはだかる壁となる可能性があります。承認を得るためには、市場調査結果とニーズを証拠として客観的に数値で示すことが非常に重要だと考えられます。

寄せられた回答の中には、「新規事業の創出については既存の事業に捉われず、新市場への提案も問題無いということだったが、いざ提案すると新市場への抵抗感が非常に大きかった(係長)」「上層部の目的が新規事業の立ち上げではなく、新規事業の検討だったと考えられる(課長)」などの意見もあり、事前に経営層の真意を把握することも重要なようです。

■上層部の知識不足による提案却下でお困りの方に役立つ、SSAPのお勧めサービスメニュー
狙う市場や競合の最新状況をリサーチする際に調査の切り口や考え方からサポートする「市場・外部環境調査

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により660件以上の支援を24業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2024年3月末時点)

バックナンバー

新規事業組織の"リアル"大解剖

ランキング