2022.07.04
新規事業組織の"リアル"大解剖

#04 新規事業のプロジェクトチームに「スキルが足りない!」と考える人は驚きの●%!

本連載は企業内新規事業に従事する方にアンケートを行い、 企業内新規事業の"リアル"に迫る企画です。
第4回のテーマは、「新規事業のプロジェクトチームに足りないスキルはあるか」。どのくらいの割合の方がスキル不足に悩んでいるのでしょうか?

(調査概要:2022年4月、Sony Startup Acceleration Program(SSAP)の公式サイトで実施した、企業内新規事業に従事する321名に対するアンケート)

Q. 今の新規事業チームに、足りないスキルはありますか?

足りないスキルがある:95%、足りないスキルはない:5%

今回のアンケートでは、95%もの方が何かしら「足りないスキルがある」と回答。
チームの人数別でみると、「1~3人」という非常に少ない人数のチームではほぼすべての方が「足りないスキルがある」と回答。さらに「10人以上」のチームでも同様の結果が出ました。チームの人数がある程度増えても、まだ足りないスキルに悩まされる場合が多いのが新規事業の特徴と言えるかもしれません。

スキル不足の課題が少なくも見える10人以上のチームでは、具体的にどのようなスキルが足りないと考えているのでしょうか。頂いた回答では、「目的に対する本気の意識(経営者・役員)」「やってやるぞ!という気概と、広く世の中を見渡す眼(一般社員)」など、マインドセットに関わるスキルを挙げる人も多くいました。

■スキル不足に悩む方にお勧めのSSAPサービスメニュー
欲しいスキルやフェーズに合わせて今必要なメニューを選べる「プロジェクト向け事業育成支援

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から9年で、130件以上の事業化検証、20の事業を創出(2022年9月末時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、新規事業支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

バックナンバー

新規事業組織の"リアル"大解剖

ランキング