2022.06.16
大企業×新規事業 -Inside Stories-

【JR東日本編 #3】動くホテル、無人コンビニ、陸上養殖?923件から選ばれた41件

Sony Startup Acceleration Program (SSAP)によるオリジナル連載「大企業×新規事業 -Inside Stories-」は、SSAPの担当者が大企業内の新規事業組織のトップにインタビューする企画です。

今回インタビューしたのは、JR東日本グループのCVC(Corporate Venture Capital)であるJR東日本スタートアップ株式会社(以下JR東日本スタートアップ)。ここでは、一般のスタートアップ企業のアイデアや技術とJR東日本グループの経営資源を繋ぎ、実証実験や事業化をサポートしています。

JR東日本スタートアップの代表取締役社長 柴田 裕さんが語る、会社設立の秘話やスタートアップ企業との共創に挑む理由とは?社会インフラを持つJR東日本だからこその"強み"と、その裏腹にある"苦労"とは?
これまでに92件のPoC(実証実験)を行い、そのうち41件を事業化してきたJR東日本スタートアップのリアルに迫ります。

事業化した41件、"無人コンビニ"から"駅そばロボット"まで

――JR東日本スタートアップでは、これまで41件の事業が生まれています。特に印象的だった事業はありますか?

41件全部が印象的だったので本当は全部紹介したいのですが(笑)、時間が限られているのでピックアップしてご紹介します。

まずは「生活サービス事業」。無人AIレジ店舗「TOUCH TO GO」はいわゆる無人コンビニです。

この記事は会員限定です。
アカウント登録(無料)をして続きをお読みください。

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により660件以上の支援を24業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2024年3月末時点)

バックナンバー

大企業×新規事業 -Inside Stories-

ランキング