2021.11.01
Sony Open Innovation Day 2021 開催レポ―ト

ソニー MESH事業室 室長 萩原 丈博「イントレプレナーズセッション:身近な課題から見つかったアイデアと実現までの道のり」

SSAPは2021年9月9日(木)、『Sony Open Innovation Day 2021』を開催しました。イベントレポ―トとして、各セッションの模様を登壇者への突撃インタビューと共にご紹介します。

大企業の中で活躍するイントレプレナー達のセッション「イントレプレナーズセッション」にて、ソニーマーケティング株式会社MESH事業室室長 萩原 丈博が「身近な課題から見つかったアイデアと実現までの道のり」をテーマに講演しました。

講演の内容

学校教育や企業研修、プロトタイプなどの目的で、子どもから大人まで幅広くご利用頂いているIoTブロック「MESH」。開発はちょっとした「発見」からスタート。事業化までの道のりとMESHの今についてご紹介しました。

講演後のゲストに突撃インタビュー!

――講演してみていかがでしたか?

他の企業のイントレプレナーの方々とセッションをしてみて、企業内で新規事業を進めていくプロセスは似ている部分もあり、共感できる苦労がありそうだと感じました。

――読者へのメッセージがあればお願いします!

「新しいことをやってみたい」という想いを持っている方に、講演の内容が届いていると嬉しいです。事業へのチャレンジを検討している方々にMESHの軌跡のどのポイントがヒントになりそうかを考え、講演させていただきました。そういった意味では、講演の内容を考えるプロセスは、MESHという商品を作る過程に少し似ていました。
MESHのストーリーが何かのヒントになり、誰かの挑戦が加速することを願っています!

MESHヒストリー 詳細はこちら

Sony Open Innovation Day 2021 詳細はこちら

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から7年間で、80件以上の事業化検証、17の事業を創出(2021年9月末時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

バックナンバー

Sony Open Innovation Day 2021 開催レポ―ト

ランキング