2021.10.21
Sony Open Innovation Day 2021 開催レポ―ト

京セラ株式会社 稲垣 智裕さん「イントレプレナーズセッション:Possi開発の挑戦!自ら先陣を切り、新規事業の道を拓いたストーリー」

SSAPは2021年9月9日(木)、『Sony Open Innovation Day 2021』を開催しました。イベントレポ―トとして、各セッションの模様を登壇者への突撃インタビューと共にご紹介します。

大企業の中で活躍するイントレプレナー達のセッション「イントレプレナーズセッション」にて、京セラ株式会社 研究開発本部 Possiプロジェクト事業推進部責任者 稲垣 智裕さんが「Possi開発の挑戦!自ら先陣を切り、新規事業の道を拓いたストーリー」をテーマに講演しました。

講演の内容

SSAPが事業化を支援し京セラ、ライオンが共同開発した、子どもの仕上げ磨き専用歯ブラシ「Possi(ポッシ) 」。研究開発部門から社内起業を目指したきっかけ、乗り越えた壁、SSAPの支援を受けて良かったこと等、2021年5月の販売開始後の今をお伝えしました。

講演後のゲストに突撃インタビュー!

――講演してみていかがでしたか?

2019年に行われた「Sony Open Innovation Day 2019」では、Possiを発表し同日にクラウドファンディングを開始しました。その2年後である今も事業を続け、2021年5月からは一般販売も行っています。大企業の中で新規事業を創り、継続していくことは想像以上に大変なことではありますが、Possiの軌跡が何かの参考になればと思います。

――読者へのメッセージがあればお願いします!

企業内で新規事業に取り組んでいる方ならば、Possiが直面した壁にぶつかったり、似た悩みを抱えたりすることがあるかもしれません。そういった方々にメッセージが届けば良いなと思います。

Possiの事業化までのストーリー 詳細はこちら

Sony Open Innovation Day 2021 詳細はこちら

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から7年間で、80件以上の事業化検証、17の事業を創出(2021年9月末時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

バックナンバー

Sony Open Innovation Day 2021 開催レポ―ト

ランキング