2021.10.18
Sony Open Innovation Day 2021 開催レポ―ト

株式会社LIXIL 今泉 剛さん「イントレプレナーズセッション:玄関ドア用電動オープナーシステム「DOAC」の発売までの挑戦ストーリー」

SSAPは2021年9月9日(木)、『Sony Open Innovation Day 2021』を開催しました。イベントレポ―トとして、各セッションの模様を登壇者への突撃インタビューと共にご紹介します。

大企業の中で活躍するイントレプレナー達のセッション「イントレプレナーズセッション」にて、株式会社LIXIL LIXIL Housing Technology Japan ビジネスインキュベーションセンター プロデューサー DOAC開発チーム プロジェクトリーダー 今泉 剛さんが「玄関ドア用 電動オープナーシステム「DOAC」の発売までの挑戦ストーリー」をテーマに講演しました。

講演の内容

玄関ドア用電動ドアオープナーシステム「DOAC」のローンチを通して、イントレプレナーとしての挑戦と、乗り越えた数々の壁。DOACの具体事例をご紹介しつつ、大企業の新規事業担当者に向けてメッセージをお届けしました。

講演後のゲストに突撃インタビュー!

――講演してみていかがでしたか?

京セラ・ソニーのイントレプレナーズの方々との対談セッションはとても新鮮でした。あまり同じ境遇の方々のお話を伺う機会はないため、みなさんの意見を聞けて面白かったですし勉強になりました。

――読者へのメッセージがあればお願いします!

私の講演が、DOACのユーザーになる方々に届いたらいいなと思っています。また加えて、これから新規事業をやろうと思っているけど不安を感じていたり、実際に取り組んでいるもののうまく進まない方にもメッセージを届けたいです。

DOACの事業化までの道のりは、私にとって新しいことだらけでした。LIXILのビジネスインキュベーションセンターが設立されて約2年、その第一歩目の事業化案件として「DOAC」は良いスタートを切れたと思っています。我々の事例が何かの参考になればと思います。

DOAC商品イメージ図
DOAC商品イメージ図

DOAC誕生ストーリーを連載中!詳細はこちら

Sony Open Innovation Day 2021 詳細はこちら

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により680件以上の支援を24業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2024年4月末時点)

バックナンバー

Sony Open Innovation Day 2021 開催レポ―ト

ランキング