SONY

Sony Startup Acceleration Program | SonyOpen Innovation Day 2021

9/9 THU 13:00 START LIVE配信は終了しました

オンデマンド配信視聴
お申し込みはこちら
Facebook
参加無料
お申し込みは
こちら
Sony Open Innovation Dayとは

コンセプト

人とアイデアが重なり合う1日。
ここから社会に新しい感動を。

今この瞬間に、企業を越えて人とアイデアが結びつくことができるとしたら。
Sony Open Innovation Dayは、社内起業家をはじめ、
数々の挑戦者が自分の想いを成功や失敗も含めて、あらゆる人に共有する、年に1度の祭典。
そんな挑戦者とあなたの挑戦を重ね合わせることで、新たなストーリーが生まれるきっかけを創りたい。
さあ、挑戦者のリアルストーリーをあなたのものに。

新着情報

概要

イベント概要

ソニーの社内起業用の仕組みとしてスタートしたSony Startup Acceleration Program(SSAP)は、これまでにゼロから17の新規事業を創出。2018年に社外へのサービス提供を開始し、2021年7月現在、社外向けサービスの提供実績は115件(17業種)を突破。今回開催するSony Open Innovation Day 2021では、SSAPの支援のもと新規事業を立ち上げた社内起業家やベンチャー企業、教育機関や人材開発機関、NPOなど様々な領域で活躍する挑戦者が登壇し、事業立ち上げのリアルストーリーや成功・失敗談などをあらゆる人に共有します。新規事業でお悩みの方、他企業の成功事例を知りたい方にお届けする年に1度、1日限りのスペシャルイベントです。

こんな人におすすめ
  • 大企業内
    新規事業で
    お悩みの方

  • 新規事業を
    生み出す仕組みを
    作りたい方

  • 他社の新規事業の
    成功事例から
    ヒントを得たい方

  • オープン
    イノベーションを
    推進したい方

  • スタートアップや
    教育機関との共創に
    興味がある方

前回(2019年)開催の
Sony Open Innovation Day 2019

Sony Open Innovation Day 2021は完全オンライン開催です。会場での視聴はできませんのでご了承ください。

登壇者

開催挨拶・基調講演

ライブ配信 13:00~13:35

  • 今まさにオープンイノベーションをやるべき理由、できる理由

    小田島 伸至

    13:00~13:35

    ソニーグループ株式会社
    Startup Acceleration部門 副部門長
    Sony Startup Acceleration Program 責任者

    プロフィール

    ソニー株式会社(現:ソニーグループ株式会社)入社後、北欧へ赴任しゼロから数百億円の事業立ち上げを牽引。帰国後、本社事業戦略部門を経てSSAPを立案、立ち上げ、牽引。国内外で17の新規事業を創出。取締役として株式会社エニグモ、エアロセンス株式会社の事業経営にも携わる。

    トーク内容

    新たな価値を創造し持続可能な社会を創り出す。その最初の一歩である価値の発見と、その後に続く価値の完成には、アイデアと人の結合が不可欠だと思っています。そしてグローバル化とデジタル化により、その結合が進めやすくなりました。だからこそ、今まさにオープンイノベーション。その意義と取り組みについてお話します。

ゲスト講演

ライブ配信 13:35~17:00

社会における新規事業創出を
牽引するリーダー達のセッション
  • 京セラはなぜSSAPとのオープンイノベーションに乗り出したのか

    圓林 正順

    13:35~14:05

    京セラ株式会社
    研究開発本部
    メディカル開発センター所長

    プロフィール

    1996年京セラ株式会社に入社。医療機器設計、製造技術を担当。2004年日本メディカルマテリアル株式会社出向、2013年研究開発統括部長。2017年京セラ株式会社に事業統合後、メディカル開発センター副所長。2020年から現職。同年より“Possiプロジェクト”を兼務。

    トーク内容

    京セラ株式会社研究開発本部の新規事業開発とオープンイノベーションの取組みをご紹介。パートナーであるSSAPとの共創秘話をお伝えします。

  • LIXIL Housing Technology における新しい事業領域への挑戦

    羽賀 豊

    14:05~14:35

    株式会社LIXIL
    LIXIL Housing Technology Japan
    ビジネスインキュベーションセンター センター長

    プロフィール

    2014年、株式会社LIXIL入社。ハウジングテクノロジー事業のプロダクトデザインやUIデザインを担うDesign部門責任者として活動しながら、2019年にBusiness Incubation Center の企画と設立を行い、新規事業立上げを推進中。21年4月よりハイエンドブランド『NODEA』を発足し、事業責任者として運営にも携わる。

    トーク内容

    2019年4月に活動を開始したビジネスイノベーションセンターの設立の狙いと、センター発の新規事業事例のご紹介。LIXIL×ソニーのオープンイノベーションストーリーをお話しします。

  • 失敗しない産学連携!東京大学の産学協創エコシステム

    中尾 政之

    14:35~15:05

    東京大学
    大学院工学系研究科教授

    プロフィール

    東京大学大学院工学系研究科修了後、日立金属株式会社に入社。1992年大学に戻り、ナノ・マイクロ加工、生産技術、創造設計等を研究。NPO法人「失敗学会」の副会長でもあり、企業活動の事故・失敗の原因を解明する「失敗学」を研究し、著書の出版やTV出演も多数。

    トーク内容

    2019年に東京大学とソニーが連携した「産学協創エコシステム」の発展に向けた社会連携講座を開講し、学生発スタートアップの支援および、支援プログラムの共同研究を開始。ソニーをパートナーとして選んだ理由と、産学協創エコシステムに関する東京大学の取り組みと今後の展望を語る。日本の大企業に期待する事は?

  • DBJが支援 起業家の「今」を考える

    山川 未来夫・黒田 千佳

    15:05~15:35
    プロフィール(山川 未来夫)

    株式会社日本政策投資銀行
    女性起業サポートセンター長

    株式会社日本政策投資銀行(DBJ)入行後、営業・審査・調査部門等を経て、現在は企業金融第6部にて観光・飲食・ヘルスケア業界等を担当しながら、女性起業サポートセンター⾧としてDBJ女性新ビジネスプランコンペティションをはじめとした女性起業支援に携わる。

    プロフィール(黒田 千佳)

    株式会社137
    代表取締役社長

    2014年世界銀行主催世界防災減災ハッカソン出場、東京大会1位。グローバルファイナリスト。この時のコア機能を活かした新規事業「学校連絡・情報共有サービスCOCOO(コクー)」は、2019年横浜市と協定書締結にて実装検証を経て、2020年4月サービスをリリース。2019年DBJ女性新ビジネスプランコンペティション大賞受賞。2021年事業構想大学院大学特任教授。

    トーク内容

    これまで8回開催された「DBJ女性新ビジネスプランコンペティション」。その結果等から見えてくる女性が起業する上での課題やビジネスの傾向、DBJの支援内容をご紹介します。

  • SDGs解決に向けた新規事業創出

    ヨナス・スヴェンソン

    15:35~16:05

    国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)
    グローバル・イノベーション及びテクノロジー部門代表

    プロフィール

    イノベーション及びスタートアップ支援に20年以上携わり、創業者、新規事業立ち上げ責任者、投資家、ベンチャーキャピタル企業代表、また複数のベンチャーキャピタル企業での役員を勤めた実績をもつ。2016年1月よりUNOPSに勤務し、現職。

    トーク内容

    UNOPSとソニーはイノベーション領域における協業契約を締結し、SDGs解決に向けた新規事業の創出を支援しています。SDGs課題解決の視点で、地球規模でのイノベーション創出活動のヒントをご提供します。

  • 特別対談「新しい挑戦の見つけ方と向き合い方」

    山崎 繭加・小田島 伸至

    16:05~17:00

    華道家 IKERU主宰

    プロフィール

    2017年に華道家として独立。「いけばなの叡智を共に探求する」IKERUを主宰。それ以前はマッキンゼー・アンド・カンパニー、東京大学、ハーバード・ビジネス・スクール(ハーバード大学経営学大学院)で勤務。著書に『ハーバードはなぜ日本の東北で学ぶのか』(ダイヤモンド社、2016年)。

    トーク内容

    「新しい挑戦の見つけ方と向き合い方」をテーマに、華道とビジネスという二つの異なるテーマの融合によりご活躍される山崎 繭加さんをゲストに迎え、トークセッションを開催。SSAP責任者 小田島との対談にて、これまでの山崎さんのご経験、現在の挑戦、そして今見る景色を紐解き合い、新しい事業に対する向き合い方のヒントを探る。

イントレプレナーズ

ライブ配信 17:02~17:57

大企業の中で活躍する
イントレプレナー達のセッション
  • 玄関ドア用電動オープナーシステム「DOAC」の発売までの挑戦ストーリー

    今泉 剛

    17:02~17:12

    株式会社LIXIL
    LIXIL Housing Technology Japan
    ビジネスインキュベーションセンター プロデューサー
    DOAC開発チーム プロジェクトリーダー

    プロフィール

    2002年株式会社LIXIL入社。住宅の外構廻りとなるエクステリア商品の企画開発を数多く歴任。Business Incubation Center発足時に社内公募で異動し現職。同センター初の商品、玄関ドア用電動オープナーシステム「DOAC」をプロジェクトリーダーとして牽引し、事業成長に向けた活動を推進中。

    トーク内容

    玄関ドア用電動ドアオープナーシステム「DOAC」のローンチを通し、イントレプレナーとしての挑戦と乗り越えた壁。大企業の新規事業担当者に送るメッセージをご紹介します。

  • 「Possi(ポッシ)」開発の挑戦!自ら先陣を切り、新規事業の道を拓いたストーリー

    稲垣 智裕

    17:12~17:22

    京セラ株式会社
    研究開発本部
    Possiプロジェクト事業推進部責任者

    プロフィール

    リオン株式会社を経て、2005年京セラ株式会社入社。事業部で携帯電話のドライバ開発に従事、新機能開発で京都府発明等功労者表彰優秀賞。2018年に研究開発本部異動後、SSAPでPossiを開発、京セラ初のクラウドファンディング実施、Possiで社長特別賞受賞。事業化に向け“Possiプロジェクト”設立。

    トーク内容

    SSAPが事業化を支援し、京セラ、ライオンが共同開発した、子どもの仕上げ磨き専用歯ブラシ「Possi(ポッシ)」。研究開発部門から社内起業を目指したきっかけ、乗り越えた壁、SSAPの支援を受けて良かった事、2021年5月の販売開始後の現在をお伝えします。

  • 身近な課題から見つかったアイデアと実現までの道のり

    萩原 丈博

    17:22~17:32

    ソニーマーケティング株式会社
    MESH事業室室長

    プロフィール

    ソニー株式会社(現:ソニーグループ株式会社)入社後、ネットワークサービスの企画・開発に従事したのち、米スタンフォード大学訪問研究員として渡米。帰国後MESHプロジェクトを立ち上げ、事業化。

    トーク内容

    学校教育や企業研修、プロトタイプなどの目的で、子どもから大人まで幅広くご利用頂いているIoTブロック「MESH」。開発はちょっとした「発見」からスタート。事業化までの道のりとMESHの今について紹介します。

  • 社内起業から事業スケールに向けた取り組みと社会的価値創出への挑戦

    伊藤 健二

    17:32~17:42

    ソニーグループ株式会社
    REON事業室統括課長

    プロフィール

    ソニー株式会社(現:ソニーグループ株式会社)入社後、カメラの商品設計に従事。その後ソニーの新規事業の立ち上げを経験した後、REON POCKETを事業化。

    トーク内容

    社内起業家として、顧客とのコミュニケーションと事業運営・拡大への両軸を実現にするにあたり、どのような困難に直面したのか。進化を遂げたREON POCKET2で実現したい世界と社会的価値創出への意義を紹介します。

イントレプレナーズ4名による
トークセッション

17:42~17:57

ニュービジネス&アイデア

オンデマンド配信 13:00~

アントレプレナー達がアイデアと
その想いを語るセッション
  • あらゆる人が新規事業業界で活躍するために必要な事とは

    角田 夕香里・河 京子
    井出 有希

    34分
    プロフィール(角田 夕香里)

    vivola株式会社 代表取締役CEO

    2009年ソニー株式会社(現:ソニーグループ株式会社)入社。R&D、社内新規事業を経験し、2016年退社後はフリーで新規事業開発に従事。自身の経験から女性の健康問題を解決したく、女性医療×AIの会社、vivola株式会社を設立。

    プロフィール(河 京子)

    株式会社Waris 代表取締役・共同創業者

    2007年株式会社リクルートエージェント(現リクルート)入社。法人営業や営業企画として、事業拡大を人材の観点から支援。リクルート在籍中の2013年株式会社Warisを設立しボランタリーベースで経営に関わった後、2014年リクルートキャリアを退職し現職。

    プロフィール(井出 有希)

    株式会社シェアダイン 共同代表

    2000年に新卒でゴールドマン・サックス証券に入社、株式アナリストとして働く。09年に米系資産運用会社に転職も12年にチーム解散を経験。ボストンコンサルティンググループを経て17年に元同僚とシェアダインを創業。

  • ソニーが目指す宇宙感動体験事業とは

    中西 吉洋

    15分

    ソニーグループ株式会社
    宇宙エンタテインメント推進室室長

    プロフィール

    ソニー株式会社(現:ソニーグループ株式会社)入社後、Human Interface Lab、クリエイティブセンターでの業務等を経て、自身で企画をしたIoTデバイス「スマートテニスセンサー」を事業化。現在は宇宙エンタテインメント推進室の室長として「宇宙感動体験事業」を推進中。

  • 釣りのすべてをデータで解き明かすスマートルアー

    岡村 雄樹

    17分

    株式会社スマートルアー
    代表取締役

    プロフィール

    全国紙で記者、IT部門職を経て、スマートルアーのアイデアをまとめ2016年スタートアップのピッチnomapsで最優秀賞受賞。2017年株式会社スマートルアーを設立。2021年クラウドファンディングKickstarterでのキャンペーンが成功。現在、量産に向けた準備を進行中。

  • 劇場オリジナルアニメ『神在月のこども』誕生秘話 〜First Flight 奇跡の軌跡〜

    ​四戸 俊成

    19分

    cretica universal.LLP.
    代表

    プロフィール

    映画・漫画・音楽ほか広域のコミュニケーション・デザインを手がけ、大作映画のプレミアやタイアップ、映画祭のスタートアップまでを統括。映画『神在月のこども』では、原作・コミュニケーション監督を担う。

  • 社会の在り方を劇的に変えるドローンソリューションの最新事情

    佐部 浩太郎

    16分

    エアロセンス株式会社
    代表取締役社長

    プロフィール

    ソニー株式会社(現:ソニーグループ株式会社)入社後、初代AIBOの商品開発や顔画像認識など、インテリジェント技術のAV/IT商品群への展開に取り組む。「空飛ぶロボットプロジェクト(ドローン)」を経てエアロセンス発足と同時にCTOとして参画。2019年同社代表取締役社長に就任。

  • 地球を変えるかもしれない“美味しいリンゴ”、アイデアの未来

    佐分利 清博

    19分

    株式会社ユナイテッドスマイルズ
    代表取締役専務CMO

    プロフィール

    株式会社ユナイテッドスマイルズ代表取締役専務、外部マーケッターとして20余年、大手食品メーカー、化粧品メーカー、国際クレジット企業他、マーケ領域の課題解決に従事。

  • Z世代の発想を、新規事業にどう活かすか?~4大学とのイノベーション探索~

    杉上 雄紀・堂道 有香

    32分

    ソニーグループ株式会社
    Startup Acceleration部門
    Sony Startup Acceleration Program
    プロデューサー

    プロフィール(杉上 雄紀)

    2008年ソニー株式会社(現:ソニーグループ株式会社)入社。2014年社内Startupのリーダーとしてファッションのデジタル化事業立ち上げ。2019年大学でのビジネス・ソーシャルイノベーション・メディアアートの社会連携講座立ち上げ。東京大学・東京藝術大学で非常勤講師。

    プロフィール(堂道 有香)

    国内子ども支援NPO、国際NGOにて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー、啓発、現場視察などを幅広く経験したのち、2020年ソニー株式会社(現:ソニーグループ株式会社)入社。現場経験を活かしたSDGs関連アイデア創出やインキュベーション、NPO連携事業を主に担当。

  • 森林資源の新たな需要開拓に挑む ~日本の森で、社会を豊かに~

    内山 浩輝

    15分

    株式会社konoki
    代表取締役社長

    プロフィール

    1998年生まれ、福岡県出身。立命館アジア太平洋大学(APU)在学。APU起業部(出口塾)所属、株式会社タイミー福岡支社立ち上げ、独立系ベンチャーキャピタルF Venturesインターンに従事。2021年4月に株式会社konokiを共同創業。

  • 3Dプリンターで実現するインソールのマスカスタマイゼーション

    大住 友輝・眞鍋 美祈

    14分
    プロフィール(大住 友輝)

    合同会社 Soleil Sole代表
    東京大学社会連携講座GOLD Prize受賞

    東京大学工学系研究科技術経営戦略学専攻修士1年。スタートアップ複数社にてpythonエンジニア、webメディア運営などを経て、Soleil Soleを創業。

    プロフィール(眞鍋 美祈)

    ソニーグループ株式会社
    R&Dセンター

    東京大学工学部機械工学科、同大学大学院学際情報学府学際情報学専攻先端情報表現コース卒。主な受賞歴にアート&デザイン新世代賞特別賞、異能(Inno)vation企業特別賞など。

  • 大学発、医療系スタートアップによるモノづくりへの挑戦

    中島 大輔

    14分

    株式会社グレースイメージング
    代表取締役CEO
    医学博士

    プロフィール

    2018年に汗中乳酸をリアルタイムに計測可能な技術の展開を行う株式会社グレースイメージングを創業。同社は2019年にはSSAPから出資を受けた第一号案件であり、東京都先端医療機器アクセラレーションプロジェクトにも採択されている。

SSAPトレーニング

オンデマンド配信 13:00~

SSAP人気プロデューサー・
アクセラレーターによる
無料セッション
  • より高い顧客価値の獲得 SSAPの商品企画ノウハウ

    後藤 庸造

    22分

    ソニーグループ株式会社
    Startup Acceleration部門
    Sony Startup Acceleration Program
    アクセラレーター

    プロフィール

    1989年ソニー株式会社(現:ソニーグループ株式会社)入社。デジタルカメラ、CLIEなど7部門の商品企画、業務用映像音響機器マーケティングなどの業務を歴任。2019年よりSSAPにて、商品企画、事業計画立案を加速・支援するアクセラレーターとして活躍中。

  • 新規事業に必要な「仮説の構築・検証」の加速化

    松岡 秀峰

    14分

    ソニーグループ株式会社
    Startup Acceleration部門
    Sony Startup Acceleration Program
    アクセラレーター

    プロフィール

    1993年ソニー株式会社(現:ソニーグループ株式会社)入社。業務用機器システムのセールス・マーケティング、オーディオ・PCの商品企画・リサーチ、海外パートナーとの開発協業を担当。現在はSSAPにてコンセプトデザイン(商品企画)、ニーズ検証(マーケティングリサーチ)などのアクセラレーターとして活動中。

  • 新規事業を生み出すための「仕組み」の作り方

    宮崎 雅

    13分

    ソニーグループ株式会社
    Startup Acceleration部門
    Sony Startup Acceleration Program
    プロデューサー

    プロフィール

    2005年ソニー株式会社(現:ソニーグループ株式会社)入社。画像処理エンジンの開発に従事。現在はSSAPにて新規アイデアの事業検証から事業化、事業運営まで支援。また、新規事業案件/プロジェクトの発掘・育成のためのステージゲートシステム導入支援を実施。

SSAPサービスメニュー

オンデマンド配信 13:00~

  • SSAPサービスメニューのご紹介

    沼田 洋平

    30分

    ソニーグループ株式会社
    Startup Acceleration部門
    Sony Startup Acceleration Program
    ビジネスデザイナー

    プロフィール

    2010年ヤフー株式会社入社。新規サービスの事業開発を経験。2016年ソニー株式会社(現:ソニーグループ株式会社)入社。SSAPから生まれた新規事業の「MESH」の事業開発を担当、黒字化を達成。現在はSony Startup Acceleration Programのビジネスデザイナーを担当。

実施日程

2021/9/9 THU 13:00 START LIVE配信は終了しました

Sony Open Innovation Day 2021
お問い合わせ先

お問い合わせはこちらから

About

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)

「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内でゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から新規事業支援プログラムとして社外にサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により17業種の企業・団体を支援。大企業ならではの事情に精通。

詳しくは、こちらをご覧ください
SSAPの特長