2020.05.18
社会連携講座@大学

【東京大学】#01 講座オリエンテーション@オンライン

Sony Startup Acceleration Program(以下SSAP)は2019年度に東京大学と社会連携講座を開講しました。企業と大学・学生が連携し、スタートアップを創出する「産学協創エコシステム」の発展を目指しています。本講座では、年1回のニーズ検証結果をピッチするイベント「オーディション」を軸に、「トレーニング」、「ワークショップ」等が行われています。

今回は、東京大学との社会連携講座のオリエンテーションをレポートします。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大や緊急事態宣言を受け、本講座のオリエンテーションは2020年4月3日(金)から6日(月)にかけ複数回オンラインにて実施しました。
オリエンテーションには昨年度の数倍となる約350名の学生が参加し、SSAPのプロデューサーより、社会連携講座の概要に加え昨年度の活動紹介や本年度のスケジュール、学生へのメッセージを共有しました。オリエンテーションの最後には学生とのQ&Aも行いました。

イメージ図
イメージ図2
2019年度の様子
オンラインでのオリエンテーションに使用した講座紹介の資料の一部

本年度の東京大学での社会連携講座では昨年度の活動に加え、ソニー以外の企業の社内起業家を東大の非常勤講師として招いたり、東京藝術大学と連携を深めたりと、更に幅広く活動を行う予定です。

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により620件以上の支援を23業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2024年1月末時点)

ランキング