2019.09.19
東大とソニーの社会連携講座

#02 【Audition】一次審査結果発表・キックオフを実施!

Sony Startup Acceleration Program(以下SSAP)は、2019年度に東京大学と社会連携講座を開講しました。企業と大学・学生が連携し、スタートアップを創出する「産学協創エコシステム」の発展を目指しています。本講座では、年1回のニーズ検証結果をピッチするイベント「オーディション」を軸に、「トレーニング」、「ワークショップ」等が行われています。

第2回は、事業アイデアのオーディション一次審査の結果と、2019年7月10日(水)にソニー本社のCreative Loungeにて行われた、オーディションのキックオフイベントの様子をレポートします。

プレゼンテーションの様子

東京大学の学生達はそれぞれチームを組み、オーディション一次審査に向けて、ビジネス・メディアアート・社会課題解決等の多数のアイデアを応募しました。エントリーされたアイデアの数は計60件。応募された多数のアイデアの中から厳選なる審査を経て、10案件の1次審査案件が決定しました。

7月10日(水)に行われたキックオフイベントには、オーディションとトレーニングに参加した大学生25名が参加しました。オーディションを通過したチームリーダーが、それぞれ5分ずつピッチを行い、チームで考えているアイデアの紹介や仲間の募集状況について発表しました。

プレゼンテーションの様子
プレゼンテーションの様子

オーディションの1次審査を通過したチームは、2019年11月6日(水)に行われる最終審査までの間に、顧客ニーズ検証のためのプロトタイピングと顧客インタビューを行っていく予定です。

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により690件以上の支援を24業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2024年5月末時点)

ランキング