2019.9.2
東大とソニーの社会連携講座
#01 【Workshop】テーマ別Workshop@東京大学
Column

Sony Startup Acceleration Program(以下SSAP)は、2019年度より東京大学と共に、企業と大学・学生が連携してスタートアップを創出する「産学協創エコシステム」の発展に向けた社会連携講座を開講しました。本講座では、年1回のアイデアピッチする場「Audition」を軸に、「Training」「Workshop」等が行われています。今回より連載にて、講座の様子をご紹介してまいります。

第1回は、SSAPが東京大学にて行っている「テーマ別Workshop」の様子をレポートします。

ワークショップの様子

「Audition」の一次審査にエントリーするアイデアの発想と仲間集めをサポートすることを目的に、2019年4月から6月の間に、「Workshop」を6回行いました。各Workshopでは企業やNPOの方々をゲストに迎え、テーマや課題の共有を行ったり、学生たちのアイデア発想をサポートしたりしました。
Workshopには、東大生に加え、東京藝術大学やその他美術大学の学生、社会人も参加し、多種多様なバックグラウンドを持つメンバーで盛り上がりをみせました。

ワークショップの様子

Workshopのテーマ一覧
第1回 車輛・ロボティクス
第2回 丸の内のメディアアート(ゲスト:三菱地所株式会社 社員)
第3回 地方都市の社会課題解決(ゲスト:Disport 高畑拓弥さん)
第4回 ヘルスケア・IoTを用いた新しい保険(ゲスト:ソニー生命保険株式会社 社員)
第5回 インスタグラマー×旅行(ゲスト:Himemama代表理事 坂上愛佳さん)
第6回 事業承継×テクノロジー(ゲスト:Yamatoさわかみ事業承継機構 代表取締役社長 吉川明さん)

Workshopには各回約20名の学生が参加し、4~5名ずつのチームに分かれて実施。ゲストからのインプットをもとに、ペルソナをたてて課題解決のストーリーを考察したり、アイデアを付箋に書き出しチーム内で議論したりしました。Workshop最後では、チームごとに生まれたアイデアを参加者に向けて発表しました。各回とも、参加者のオリジナリティ溢れるアイデアが生まれました。

ワークショップの様子
ワークショップの様子

社会連携講座に参加する学生達は、上記のようなWorkshopで生まれたアイデアも含め、2019年7月中旬に行われた「Audition」一次審査に向け準備を進めました。

ワークショップの様子
あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から5年間で、国内外で750件の新規事業案件を審査し34件を育成、14の事業を立ち上げ。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。