2019.10.03
オープンイノベーションによる企業間連携 ーPossi誕生ストーリーー

振り返り編 チームリーダー・マネジメントのコメント

Sony Startup Acceleration Program(以下SSAP)では、これまで培ってきた経験やノウハウを、スタートアップの事業化支援サービスとして社外にも提供中です。2018年10月からは京セラ株式会社(以下”京セラ”)にサービス提供を開始し、過去9回の連載記事では、この取り組みから生まれた仕上げ磨き専用ハブラシ「Possi」誕生のストーリーをご紹介してまいりました。

「Possi」は2019年7月3日(水)から2か月間のクラウドファンディング期間を終え、2000万円の目標額を達成いたしました!ご支援くださった人数は1,344人、達成額は目標額を上回る額となりました。

First Flight Possiページ

クラウドファンディングを無事達成した今、改めて今回の取り組みを振り返り、京セラ株式会社の関係者の皆様よりコメントをいただきました。

■Possiプロジェクト リーダー

京セラ株式会社 研究開発本部 メディカル開発センター 稲垣智裕さん

京セラ株式会社 研究開発本部 メディカル開発センター 稲垣智裕さん

SSAPでの活動を通じて、ライオン、ソニーという3社の強みを持ち寄ったオープンイノベーションでPossiという商品を作り上げ、かつクラウドファンディング成功までたどり着くことが出来、想像を超えた領域まで行きつけたと思っています。「共感」というキーワードが、会社の枠組みを超えて大きなチカラを出せることを、身をもって体験出来ました。
今後はPossiを使って頂いたユーザーの声のフィードバック、市場からの要望をもとに、ライオンと共に事業化検討を進める予定です。チーム一同これからも全力で取り組みます。

■マネジメント

京セラ株式会社 研究開発本部 メディカル開発センター所長 吉田真さん

京セラ株式会社 研究開発本部 メディカル開発センター所長 吉田真さん

今回のPossiのクラウドファンディングでは、1,300名を超える多くの皆様からのご支援をいただき、ありがとうございました。心より感謝申し上げます。
新しい取り組みとしてSSAPに参画した時には全く形の無かったものが、ライオン様という仲間を加え、短い間に形になり世の中に少しずつ拡散していく姿を見ることができたことが何よりの財産だと考えています。今回の様々な経験を活かし、今後も積極的にオープンイノベーションに挑戦いたします。皆様との新たな出会いを楽しみに、我々はさらに前進します。本当にありがとうございました。

■マネジメント

京セラ株式会社 研究開発本部 フューチャーデザインラボ 所長 横山敦さん

京セラ株式会社 研究開発本部 フューチャーデザインラボ 所長 横山敦さん

SSAPに参画させて頂きました経緯は、以前より京セラ内で新規事業立ち上げを模索していた中、2年前にSSAPの事をふとしたきかっけで知り、これまであまり例が無かった大企業同士の連携を思いつき、具体的なテーマも無く先行きも見えない中、御相談させて頂いたのが始まりでした。
その後様々な調整と準備の後、1年前にPossiのプロジェクトを始めさせて頂き、それから1年も経たずに今回のクラウドファンディングまで成功する事が出来ました。

これは、SSAPの皆様の経験と実績に裏付けされた多大なるご支援があってこそですが、これからの企業間連携の新しい方向性の一例を出す事が出来たと思います。
今後もSSAPの皆様と、ワクワクするような更なる新しいチャレンジをさせて頂きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

前例なきストーリー!京セラの技術で、ライオン・ソニーとの三社共創
『オープンイノベーションによる企業間連携  Possi誕生ストーリー』(全10回)

#01 「大企業同士で新規事業を創る」まったく新しい取り組みの始まりとは
#02   三児の父・京セラのエンジニアが解決したかった「あの苦労」。プロジェクトリーダーの想い
#03 「プロトタイプ品を口に入れる」!?前代未聞のユーザーテストを成功させた方法
#04 「お、何だそれは!?」から即承諾まで、ライオンを動かした共感の奇跡
#05 「最初はポカーンとされました」逆転で成功を確信したニーズ検証の裏話
#06   歯ブラシを「アレ」に見立てることから始まった、ソニーのクリエイティブセンター流プロダクトデザイン
#07   前例もなし…ダメもとから始まった、ソニーミュージックとの異例の協業
#08 「売るのはものではなくて〇〇だ」2000万円の目標を達成したクラファン成功の秘訣とは
#09 「そこまでするのか」と言われても。協業を通してマネジメントが大切にしたかった「体験」とは
#10   キーワードは「共感」。京セラの3人、リーダー・マネジメントが語る「これから」

SSAPの支援サービスがわかる! 無料オンライン説明会実施中

SSAPはPossiの事例の他、7年で17の事業化を行った実績がありこれまで13業界にサービスを提供してきました。最短3か月で成果を可視化することができます。サービス内容が詳しくわかる無料の説明会を実施しています。オンラインでご参加いただけますので、お気軽にお申し込みください。

>SSAP説明会の詳細はこちら 

SSAPへのお問い合わせ

SSAPでは貴社の課題やニーズに合わせて、新規事業経験のあるビジネスデザイナーによるプログラム紹介をさせていただいております。是非一度オンラインミーティングで直接プログラムに関する打ち合せをしませんか?

>お問い合わせはこちら

Possiの詳細はこちら

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から7年間で、60件以上の事業化検証、17の事業を創出(2021年3月末時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

ランキング