2021.08.05
「REON POCKET」舞台裏

#08 PEARLY GATESチームに聞く!REON POCKET対応ウェア開発秘話

 

Sony Startup Acceleration Program(以下SSAP)では、2014年のプログラム開始から数々の新規事業をゼロから立ち上げてきました。2019年7月にはウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET」のクラウドファンディング開始を発表し、わずか6日間で目標額を達成し、その後事業化を実現。2021年4月には次世代モデル「REON POCKET 2」を発表しました。そんなREON POCKETの舞台裏を、連載にてご紹介してまいります。

2021年7月1日(木)からは環境配慮活動の一環として、ゴルフアパレルブランド PEARLY GATES(以下パーリーゲイツ)より、REON POCKET対応のゴルフウェアが販売されました。今回は、パーリーゲイツ ディレクター兼チーフデザイナー 酒井 昭征さんと、ゴルフウェアのデザイン・生産等を担当されたチームの皆さんに、ウェアへのこだわりや開発秘話をインタビューしました。

「身体にフィットする」、初ユニセックスのゴルフウェア。

――「REON POCKET CERTIFIED」とは?

酒井:REON POCKETを装着可能なゴルフウェアで、パーリーゲイツでベストセラーを誇る定番モデル「BEATRIX PLUSハイネック」の背中部分に「REON POCKET」を装着できる特別仕様になっています。デバイスの機能を損なわずに身体にフィットし、またデザイン面もこだわっています。
生産やパタンナー等のメンバーとの議論を重ね、ウェアとしての着心地やデザイン性にこだわりながらREON POCKETというデバイスの良さを引き立てるべく、様々な条件を考慮してモノづくりを行いました。

Tシャツに装着されたREON POCKETの写真と、袖にパーリーゲイツの英字がプリントされた白の長袖Tシャツの写真

パーリーゲイツのチームで作り上げた「REON POCKET CERTIFIED」。

――それぞれのご担当領域と、こだわったポイントは?

生産担当 株式会社TSI SCMディビジョン プロダクション部 GS課 平井 優一郎さん

平井:ソニーと協業したいという話が何年も前から出ていたので、このお話をいただいた際は個人的にも嬉しかったです。ちょうど他社でもライフスタイル商品がトレンドなので、それに負けないものを作りたいと思いました。
2021年7月の販売に向けて時間が限られていたため、チームメンバーと会話を重ねてスケジュールを設計。様々な検証を重ねながら、工場側とも連携してスムーズな生産が実現できるよう心掛けました。

写真左:パーリーゲイツ内で生産検討を開始した際のスケッチ図、写真右:試作品や冷感素材の検証結果の資料等
生産担当 株式会社TSI 第3事業ディビジョン 第1事業部 パーリーゲイツセクション 大内 千佳子さん

大内:生地面では、REON POCKETというデバイスを活かすためどういった素材が適切かを考え、素材選びにこだわりました。デバイスを首元に装着した際に、その重みでウェアがだれてしまわないようにはどうしたら良いか?季節問わず通年着用できるもので、吸水性などの機能はどのように実現するか?等、様々な観点から議論を重ね、あらゆる素材を集めました。
結果的に、実際にデバイスをつけてもウェアの見た目には影響が無く、夏に最適なUVや抗菌防臭機能を備えたパーリーゲイツの定番展開をしているものが最適であるという結論に至り、その素材を採用したウェアが実現しました。

生産担当 株式会社TSI 第3事業ディビジョン パターンセクション 高橋 典行さん

高橋:今回のゴルフウェアはスイングする際の上半身の動きに対しての固定はもちろん、首元にデバイスを装着した際に機能を損なうことが無いよう、ウェアの形状をしっかりキープする必要がありました。そのため型紙を準備する際にも工夫しました。デバイスと体をある程度密着させつつもウェアはだれてしまわないようにする。この両立は意外に難易度が高く、写真の通り手縫いをして実験をしたり、それを実際に人に着てもらってフィードバックをもらったりしながら改善を重ねました。

写真左:手縫いして行ったテスト品、写真右:デバイスを入れるポケットのスケッチ図
デザイナー 株式会社TSI 第3事業ディビジョン第1事業部 パーリーゲイツセクション 織田 詩音さん

織田:REON POCKETは使用することで温かくも冷たくもなる、通年楽しめる商品です。そのため我々が作るウェアも通年着られるように、デザイン面でも工夫しました。パーリーゲイツの通常商品は季節によって様々なデザインを展開していますが、今回はオールシーズン楽しめるシンプルなデザインがベースな為、半袖のポロシャツとの合わせでは袖部分にパーリーゲイツのロゴがきれいに見えるようにしたり、首元のポケットに入れたパーリーゲイツ・REON POCKETのロゴもスタイリッシュに、かつわかりやすく見えるようにしたりと、細部までこだわっています。
また、今回のウェアにはデバイス本体に貼って楽しむことができるオリジナルステッカーをセットにし、パーリーゲイツらしい遊び心をプラスしました。

モノづくり工場管理担当 有限会社アスカ 世古 麻子さん

世古:ウェアを実際に商品として形にする段階でも、試行錯誤を重ねました。例えば、実はウェアの色を決める段階でも多くのテストを行っています。レーザーカットという手法を使ってウェアを作っていくのですが、その際に白いウェアだと生地が焦げてしまうことが発覚。それをいかに解消しながら他の条件をクリアしていくか等、チームで議論を重ねながら改良していきました。また、今回のウェアは通年での着用可能という理由で採用には至りませんでしたが、冷感シートを圧着した試作を行ったり、実際に着用したときに汗などでベタついてしまわないか等の検証を何度も繰り返しました。

ディレクターとチーフデザイナー 株式会社TSI 第3事業ディビジョン 第1事業部 パーリーゲイツセクション 酒井 昭征さん

酒井:ディレクターとして描いた理想を商品の形にするため、パーリーゲイツのメンバーと試行錯誤を繰り返しながらも、その過程を楽しめたと思います。パーリーゲイツはゴルフウェアブランドとして誕生し、今年で32年目を迎えました。これからもお客様のニーズに答えながら、新たなチャレンジをしていく予定で、REON POCKET対応のゴルフウェア「REON POCKET CERTIFIED」はその第一歩。この取り組みに共感してくださる人がいることを期待していますし、実際に夏のシーズンのゴルフシーンで是非使っていただきたいです。

詳細はこちら

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から7年間で、80件以上の事業化検証、17の事業を創出(2021年6月末時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

ランキング