2021.03.11
@Creative Lounge

『デジタルファーミングで持続可能な農業を! Grow with Less』インフォセッションレポート:株式会社ルートレック・ネットワークス 代表取締役社長 佐々木氏

Sony Startup Acceleration Program(以下SSAP)は、さまざまな企業や大学、NPO間の交流を促しオープンイノベーションを加速すべく、様々な取り組みを行っています。
その取り組みの一つとして、社会にインパクトを与えている気鋭のイノベーターやプロフェッショナルをお招きし、アントレプレナー精神やイノベーターとしての気概やヒント、テクニックなどについてお話しいただく講演会、“SSAPインフォセッション“を定期的に開催しています。

2021年1月13日(水)、AIとIoT技術による農業のデジタル化を目指す、株式会社ルートレック・ネットワークス代表取締役社長 佐々木 伸一氏をお招きし、新規事業やに関心を持つ方々に向けて『デジタルファーミングで持続可能な農業を! Grow with Less』をテーマにご講演いただきました。当日は佐々木さんのこれまでの歩みや自身の事業についてをお話いただきました。

ここでは、佐々木さんにお話いただいた内容の一部を紹介します。

講演会アジェンダ

【前編:創業、資金調達までの道のり】
・世界を変える仕事とは
・第二創業と資金調達
・農業のマクロ環境

【後編:未来の農業の在り方】
・Digital Farming makes Agriculture Sustainable
・農業とSDGs
・Next Step

アジェンダに沿った佐々木さんの講演ムービーは、SSAPアカウントにご登録/ログイン後にご視聴いただけます。

この記事は会員限定です。
アカウント登録(無料)をして続きをお読みください。

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により660件以上の支援を24業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2024年3月末時点)

バックナンバー

@Creative Lounge

ランキング