2020.03.19
@Creative Lounge

『空いているか1秒でわかる、優しい世界の実現に向けて』インフォセッションレポート:バカン 代表取締役

Sony Startup Acceleration Program(以下SSAP)は、さまざまな企業や大学、NPO間の交流を促しオープンイノベーションを加速すべく、様々な取り組みを行っています。
その取り組みの一つとして、社会にインパクトを与えている気鋭のイノベーターやプロフェッショナルをお招きし、アントレプレナー精神やイノベーターとしての気概やヒント、テクニックなどについてお話し頂く講演会、“SSAPインフォセッション“を定期的に開催しています。

2020年2月12日(水)、ソニー本社ビル1階の共創とネットワーキングの場「Creative Lounge(クリエイティブラウンジ)」に、「J-Startup」(※1)選定のスタートアップ企業 株式会社バカン(以下バカン)代表取締役 河野剛進さんをお招きし、新規事業に関心を持つ方々に向けて『VACAN〜空いているか1秒でわかる、優しい世界の実現に向けて〜』をテーマにご講演いただきました。当日はソニー社員に加え様々な企業の方々が参加、河野さんが起業に至るまでや、バカンのビジョンと実現したい未来などをお話頂き、参加者の方々も大満足の1時間半となりました。

※J-Startup:経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム

ここでは、河野さんにお話頂いた内容の一部を紹介します。

講演会アジェンダ

 

【第1部:会社について】バカンとは?サービス内容と将来像
・空席情報配信サービス「バカン」、7.9億円の資金調達までの道のり
・バカンを始めるきっかけとなった、家族・子供のこと
・フードコートや空港の手荷物検査場での空き状況把握。それらを実現する仕組みとは
・ランチ難民やカフェ難民を無くしたい。これからのバカンが目指すこと

 

【第2部:起業家としての自分】創業時のリアル、これから目指すこと
・起業するためにまずは貯蓄、そしてキャッシュフローの構築
・オープンイノベーションの時代、どんな企業・団体と連携するかがカギに
・「スタートアップ=下請けではない。」大企業人に伝えたいこと

この記事は会員限定です。
アカウント登録(無料)をして続きをお読みください。

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から6年間で、50件以上の事業化検証、15の事業を創出(2020年7月1日時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

ランキング