2020.10.26
@Creative Lounge

『東大発i.schoolの10年間で得た知見 革新的アイデアはいかにして生まれるのか』インフォセッションレポート:日本社会イノベーションセンター(JSIC)代表理事

Sony Startup Acceleration Program(以下SSAP)は、さまざまな企業や大学、NPO間の交流を促しオープンイノベーションを加速すべく、様々な取り組みを行っています。
その取り組みの一つとして、社会にインパクトを与えている気鋭のイノベーターやプロフェッショナルをお招きし、アントレプレナー精神やイノベーターとしての気概やヒント、テクニックなどについてお話しいただく講演会、“SSAPインフォセッション“を定期的に開催しています。

2020年9月9日(水)東京大学名誉教授にして、東大発イノベーション教育プログラム i.schoolのエグゼクティブ・ディレクター、日本社会イノベーションセンター(JSIC)代表理事 堀井 秀之氏をお招きし、新規事業やに関心を持つ方々に向けて『東大発i.schoolの10年間で得た知見 革新的アイデアはいかにして生まれるのか』をテーマにご講演いただきました。当日は堀井さんの10年間での様々なトライアルやそこで得た知見など、イノベーションの起こし方について、大いに学びあるお話を頂きました。

ここでは、堀井さんにお話いただいた内容の一部を紹介します。

講演会アジェンダ

【前半:アイデア発想の体系化】
・イノベーション教育プログラム、ischoolとは?
・ischool流ワークショップ設計
・「新しさ」を生み出すアプローチ法について

【後編:アイデアをイノベーションへ】
・良いアイデアを発展させるためには?
・i.schoolの分析とPDCA
・イノベーションを起こすために大切なこと

アジェンダに沿った堀井さんの講演ムービーは、SSAPアカウントにご登録/ログイン後にご視聴いただけます。

この記事は会員限定です。
アカウント登録(無料)をして続きをお読みください。

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から6年間で、50件以上の事業化検証、15の事業を創出(2020年7月1日時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

バックナンバー

@Creative Lounge

ランキング