2020.10.22
新しいことに挑戦するあなたへ

守屋 実さん(株式会社守屋実事務所 代表取締役社長)

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、起業のノウハウや開発環境を、新規事業を創りたいと考える全ての人に提供し、新規事業の立ち上げから販売・拡大までをサポートするプログラムです。

そんなSSAPが協業したりお会いしたりしたクリエイター・経営者の皆様からのメッセージを、新しいことにチャレンジしている方々にお届けします。

守屋 実さん:
1992年ミスミ入社、新規事業開発に従事。2002年新規事業の専門会社エムアウトをミスミ創業者の田口氏と創業、複数事業の立上げと売却を実施。2010年守屋実事務所を設立。新規事業創出の専門家として活動。ラクスル、ケアプロなどの創業に参画。博報堂、JAXAなどのアドバイザー、内閣府の有識者委員、山东省の人工智能高档顾问を歴任。2018年にブティックス、ラクスル、2か月連続上場。

■守屋 実さんの一言

「51=17+20+14」

※ご自身の計51回の起業の経験のこと。内訳は企業内起業17回+独立起業20回+週末起業14回。失敗の再発を防ぐための工夫と、躍進した事業の振り返りの記録を表す。

■ビデオメッセージ

(※YouTube右下の字幕ボタンを押していただくと、ビデオメッセージの字幕をご利用いただけます。)

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から6年間で、50件以上の事業化検証、15の事業を創出(2020年7月1日時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

ランキング