MAMMOECHO(マンモエコー)
マイクロソニック株式会社
  • コンセプトデザイン
2020年7月7日

自宅でできる乳がんチェック MAMMOECHOを開発。協業パートナー募集

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)がサービス提供するマイクロソニック株式会社は、超音波検査機を小型化する技術を応用し、「痛くない」「恥ずかしくない」自宅でできる乳がんチェックMAMMOECHO(マンモエコー)を開発しました。
より多くの女性に快適に使っていただけるよう、補正シートの開発協業パートナーを募集しています。

New!

  • MAMMOECHO

    MAMMOECHOは、超音波で乳房をスキャンして、スマートフォンに画像を転送。画像は専門医が診断し、結果を通知するパーソナル乳がんチェックシステムです。これまでの「痛い」「恥ずかしい」という乳がんチェックのイメージを、MAMMOECHOは「痛くない」「恥ずかしくない」という新しい体験に変えていきます。

    Behind The Storyへ

    MAMMOECHO 協業パートナー募集ページへ

Our Collaboration

超音波検査機の小型化と女性に寄り添うデザインで乳がんチェックを新しく
  • 超音波装置の小型化と、画像診断

    マイクロソニックは、探触子を自動回転走査することで、診断画像のばらつきを押さえ、短い検査時間で客観性のある診断画像データの取得を可能にし、さらにその技術を小型化することで、「自宅で簡単」を実現しています。

  • コンセプトデザイン

    乳がんチェックの不安から女性を解放するデザインを目指して。MAMMOECHOはSSAPのコンセプトデザイン支援を活用し、自宅で簡単にチェックが行えるようポータブルで簡単操作が出来るデザインに設計されました。また使い心地にもこだわり、優しいフォルムは柔らかい素材で持ちやすく乳房を覆います。すべてが女性に寄り添うデザインです。

My Vision

マイクロソニック株式会社 代表取締役
入江 喬介さん

“個人に1台”を目標に開発してきた独自の小型化技術を乳がんチェック装置にも応用できないか?いや、したい!との思いから開発を始めました。MAMMOECHOをファーストスクリーニングとして使っていただくことによって、乳がん検診の検診率が向上して、皆様の健康と病気の予防に少しでも役立って欲しい、というのが1番の想いです。 MAMMOECHOは、医療、ヘルスケアの未来を創る申し子となることを願っています。まさに、IoT、AI、 そして、オンライン診療の先駆けとなることを確信しています。
SSAPを通じて、想いに共感していただけるパートナーの方々をお待ちしております。