神在月のこども
cretica universal
  • クラウドファンディング
2020年7月7日

主題歌にmiwa!製作陣にイオンエンターテイメント、ABCアニメーション、ソニー・ミュージックレーベルズが参加表明!

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)のクラウドファンディングサイト「First Flight」で支援募集を行ってきた、劇場オリジナルアニメーション『神在月のこども』。この度、主題歌にシンガー・ソングライターのmiwa、製作陣としてイオンエンターテイメント株式会社、株式会社ABCアニメーション、株式会社ソニー・ミュージックレーベルズが参加を表明。2021年の公開に向け、この島国を代表する面々が、制作&製作面から本作をブーストするに至ったご縁や想い、ともに駆ける意気を綴ったメッセージが到着しました。

New!

  • 主題歌がmiwaに決定

    ソニー・ミュージックレーベルズ 吉竹直樹さんメッセージ
    『神在月のこども』の四戸プロデューサーらと初めて会ったのは、2019年にパリで開催されたJapan Expoでした。その会場で披露されたmiwaの「ヒカリへ」を聴き、感動のあまり足が止まったと。20万人以上が来訪する会場での予期せぬ出逢い。話し込む中で映画の音楽を作ってくれないかというドラマの様な展開に。そんな出逢いがあったパリの空の下で体験したLIVEやイベントで感じたのは、“世界は近い”、“人種や世代や性別なんて思ったほど関係ない”、そして改めて“日本の文化は素晴らしい”、という事でした。この映画はそのいずれも実証出来る作品になると思います。miwaも今年でデビュー10周年を迎えました。今回の偶然の出逢いを必然にする為にも、音楽で作品に更なる彩りを加えられるように力を注ぎ込みたいと思います。

  • イオンエンターテイメントが参画

    イオンエンターテイメント取締役 小金沢剛康さんメッセージ(写真右から2番目)
    こどもにとって、自分を作り上げるエピソード記憶は多ければ多いほど良いと、私は勝手に思っています。ケンカでもTVでも旅行でもなんでもいい、その中から滅多に経験できないことを味わって、ステキな思い出と感性をたくさん作ってほしい、そう願って、例えば我が子にはたくさん刺激的なものに触れさせてきました。こどもたちにとって最高の経験になるであろう『神在月のこども』 。この映画から、ステキな思い出と感性がたくさんのこどもたちに残ることを願っていますし、自信をもって私たちは全国に届けたいと思っています。今回、イオンエンターテイメントは本作の配給を行います。全国にある「イオンシネマ」でも当然ながら上映しますので、多くの地域でこの映画を楽しんでいただければ幸いです。

  • ABCアニメーションが参画

    ABCアニメーション代表取締役社長 西出将之さんメッセージ(写真右端)
    昨年の春、弊社プロデューサーから「良い脚本がある」と開発中のシナリオを渡されました。それが『神在月のこども』との出会いです。登場人物の心情が手にとるように分かり、日本の原風景が次々と浮かびあがる、素晴らしい脚本でした。海外ライセンス班からも、親子の愛情というグローバルな価値観と日本固有の文化の映像表現に、心惹かれるという評価でした。その後アヌシー国際映画祭で四戸氏とご一緒し、本作品に参画するきっかけとなりました。ABCアニメーションは、より多くの方々に常に斬新でかつ、挑戦的な映像作品をお届けすることを目指しており、本作品はまさにその考えと一致した作品です。この静謐ながら色鮮やかな日本のアニメーションが、世界の多くの映画ファンに支持されることを確信しています。

    Behind The Storyへ

    神在月のこども公式サイトへ

Our Collaboration

クラウドファンディングが繋ぐディレクター陣とサポーターとのご縁
  • 劇場オリジナルアニメ『神在月のこども』

    日本各地では『神無月(かんなづき)』と呼ばれる10月が、出雲地方では『神在月(かみありづき)』と呼ばれる由縁ーそれは八百万(やおよろず)の神々が、全国から姿を無くし、翌年の縁を結ぶ会議のため、出雲に集うという云われでした。森や木々、海や川、全てに宿る神々が、在る月出雲に集う。そんなユニークな『神在月』を主題に、この島国の根と記される島根・出雲と、そこに在る“ご縁”をひも解く劇場オリジナルアニメーションの制作を進めています。

  • クラウドファンディング

    SSAPによるクラウドファンディングサイト「First Flight」。『神在月の子ども』アニメ制作プロジェクトでは、アニメ制作経験のない四戸さま、三島さまが、支援者と一緒にアニメを共創していく過程を一緒に追いかけました。クラウドファンディング第1弾では出雲のロケハン、第2弾ではアニメスタジオ見学、第3弾ではアフレコ応援と、制作フェーズ毎に支援者、パートナーが増えています。

My Vision

『神在月のこども』 原作・コミュニケーション監督 cretica universal 代表
四戸 俊成さん

本作は、世界が日本の文化に触れたいと感じる時流に“この島国の根”と書く島根の原風景や、そこに宿る“ご縁”という価値観に触れて頂けるよう、2017年ごろから企画・原作しはじめました。それから約3年、計3回に渡るクラウドファンディングを通して、現地の方々、都心の方々、アニメファンの方々からご支援を賜り、作品の誕生を力強く応援し、主人公カンナの背を押してくださる声援の輪が広がりました。こうして結ばれ、制作陣や出演陣の熱に応え、共に熱くなって頂ける“応縁陣”(ファン)の方々と、来年、国内外に“この島国の魅力”を届けていけることを本当に頼もしく、楽しみに感じています。