2022.12.12

大企業で新規事業を創る、仕組みと人材を創る『イノベーション・アカデミー』申込受付を開始

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、大企業で新規事業を生む仕組みと人材を創る『イノベーション・アカデミー』の参加受付を本日より開始しました。

『イノベーション・アカデミー』は今回が初めての開催です。企業で新規事業に携わる方々を対象に、これまでSSAPが蓄積してきた新規事業のノウハウを共有します。より多くの企業が新規事業の専門組織を立ち上げ、新たな事業を創出することにより、共に新しい社会を創ることを目指しています。

参加者は、大企業内で新規事業を生み出すために必要な、「ゼロから事業を創る力」と「大企業を動かす力」を半年間で学ぶことができ、講師はSSAPの責任者 小田島 伸至が務めます。実体験に基づいたノウハウや事例をまとめたオリジナルテキストを使用し、「新規事業の専門組織の立ち上げ方法と社内稟議の通し方」や「新規事業の立ち上げに不可欠な施策と心構え」など、SSAPだからこそお伝えできるさまざまなコースを用意しています。

『イノベーション・アカデミー』概要  

申込期間:2022年12月12日(月)~2023年4月2日(日)
開催期間:2023年4月24日(月)~9月28日(木)
開催方法:オンラインLIVE配信(一部リアル同時開催)

コースや申込方法の詳細はこちら

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により270件以上の支援を22業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2022年12月末時点)

ランキング