2021.12.17

国連WFPが語る、食料問題の現状と目指す未来について|SSAPアイデアコンテスト

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、完全オンライン型のアイデアコンテスト「SSAPアイデアコンテスト」を実施します。募集テーマは「フードテック」。迫りくる食料問題に対して、テクノロジーを用いたイノベーティブなアイデアを広く募集します。

コンテストの審査には、国連世界食糧計画(国連WFP)も参加します。今回は、国連WFP  デジタルトランスフォーメーションサービス部 責任者のピエール・ギローメ・ウィレズィンシキさんと、日本事務所 民間連携担当マネージャー 大室 直子さんに、国連WFPの視点から、食料問題の現状と目指す未来や実装が期待されるテクノロジーについてのメッセージムービーをいただきました。

ムービー アジェンダ

【国連WFP  日本事務所 民間連携担当マネージャー  大室 直子さん】
・国連WFPとは?
・世界の食料問題の現状
 

【国連WFP  デジタルトランスフォーメーションサービス部 責任者 
  ピエール・ギローメ・ウィレズィンシキさん】
・国連WFPが取り組むデジタルトランスフォーメーション
・これからの実装が期待されるテクノロジー

>>SSAPアイデアコンテストの詳細はこちらから

※本記事の内容は2021年12月時点のものです。

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から9年で、130件以上の事業化検証、20の事業を創出(2022年9月末時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、新規事業支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

ランキング