2020.07.07

SSAPが開発支援、マイクロソニックの自宅でできる乳がんチェック MAMMOECHO

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)はスタートアップ支援サービスの一環として、 マイクロソニック株式会社(以下、 マイクロソニック)による自宅でできる乳がんチェック MAMMOECHO(マンモエコー)の開発支援を行っています。

 同製品は、 マイクロソニックの超音波検査機を小型化する技術を応用した、 自宅で簡単に乳がんチェックができる装置です。 SSAPはマイクロソニックが本製品を開発するにあたり、 スタートアップの事業化のための体系的なノウハウや知見をベースに、 コンセプトデザインの協力等を行っています。 

詳細はこちら

 

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により660件以上の支援を24業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2024年3月末時点)

ランキング