2022.12.26

SSAPがプロダクトデザインを支援、アイリス株式会社のAI搭載の咽頭内視鏡システム「nodoca」

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)はスタートアップ支援サービスの一環として、アイリス株式会社(以下、アイリス)が手掛けるAI搭載の咽頭内視鏡システムnodoca®(販売名「nodoca(ノドカ)」)の開発支援を行いました。

nodocaは、咽頭(のど)の画像と問診情報をAI解析し、感染症に特徴的な所見等を短時間で検出することで、インフルエンザの診断補助に用いることができる医療機器で、SSAPは、咽頭の画像を撮影するnodocaのカメラのプロダクトデザイン支援を行いました。

詳細はこちら

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により270件以上の支援を22業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2022年12月末時点)

ランキング