2021.07.15

SSAPが事業化を支援したLIXILの電動オープナーシステム「DOAC」 、世界初(※1)の新機能を追加

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)はスタートアップ支援サービスの一環として、 株式会社LIXIL(以下、 LIXIL)LIXIL Housing Technology Japanの新規事業部門ビジネスインキュベーションセンターが手掛ける電動オープナーシステム「DOAC」(ドアック)の事業化支援を行いました。 今回、「DOAC」にスマートフォンやApple Watchでのタップ操作、音声操作(※2)にも対応する新機能が追加され、2021年9月1日より全国で発売予定です。

新規開発したDOACアプリを使って、世界初iPhoneやApple Watchへ話しかけるだけで鍵の施錠・解錠から、ドアの自動開閉まで可能になる玄関ドアの“ハンズフリー操作“を実現しました。

※1 鍵の施錠・解錠からドアの自動開閉までの一連動作をスマートフォンの音声認識機能を通じて操作することができる製品として。(オプションでの搭載製品を除く。2021年6月、株式会社SVPジャパン調べ)
※2 音声操作はiOS端末/Siri向け機能です。Android端末ではスマートフォンのタップ操作のみ対応しています。

詳細はこちら

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から7年間で、60件以上の事業化検証、17の事業を創出(2021年3月末時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

ランキング