2021.04.15

次世代クリエイターのアイデアを育てるプログラム Sony Creators Gate「U24 CO-CHALLENGE 2021」で、SSAPがメンタリング等の支援を実施

ソニーは、24歳以下の世代を対象とし、ソニーのノウハウを活用してアイデアを育てる、コンペティションとワークショップが一体となったプログラム「U24 CO-CHALLENGE 2021」を開催しました。

ファイナリストに選出された3チームのメンタリングに、Sony Startup Acceleration Program(SSAP)のアクセラレーターである宮崎と高山も加わり、最終プレゼンテーションに向けたアイデアのブラッシュアップをサポートしました。

当プログラムの最終プレゼンテーションやワークショップ等の模様は経済キュレーションプラットフォームNewsPicks Studiosによる討論番組「The UPDATE」にて、VTRで放映されました。「The UPDATE」で放映されたVTRには、SSAP責任者・アクセラレーター等も出演しました。

グランプリアイデアには、さまざまな患者さんが抱える心のケアを「サウンド」を届けることで実現する院内サウンドデバイス『Ear Psychology(イヤーサイコロジー)』(チーム名:MSW)が選出されました。

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により660件以上の支援を24業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2024年3月末時点)

ランキング