2020.07.08

研究雑誌『機械の研究』で、東京大学での社会連携講座が紹介されました!

ソニーと東京大学は、2019年度よりスタートアップの発掘と協創を目的とした社会連携講座を設置し、講義を行っています。その取り組みが、2020年6月1日(月)発売の株式会社 養賢堂 研究雑誌『機械の研究』6月号にて紹介されました。

『機械の研究』は、1949年(昭和24年)、それまでの機械工学の概念を脱却して、工学・工業の一環としての機械工学に関する新しい研究と技術の進歩を提供する事をその主眼に創刊した月刊誌です。工学全般・工業に関連した研究分野において、最新かつ重要な学理および興味深い研究成果を解説しています。

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により660件以上の支援を24業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2024年3月末時点)

ランキング