2020.04.17

ソニー、エムスリーと新型コロナウイルス感染症対策で協業

ソニー株式会社(以下、ソニー)とエムスリー株式会社(以下、エムスリー)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療に従事している医療関係者、そして病と闘っている患者の皆様に両社のテクノロジーと知見を集結して貢献すべく、協業を開始することを決定しました。
なお、今回の協業実施に係る費用は、新型コロナウイルスとの戦いの最前線におられる皆様、未来を担う子どもたち、クリエイティブコミュニティなどへの支援実施のため、2020年4月2日にソニーが発表した「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」より拠出します。

両社は、新型コロナウイルス感染症対策以外の医療領域においても新たな価値創造を探索する取り組みを開始し、Sony Startup Acceleration Program(SSAP)もこの取り組みに関わりながら、ソニー社内で医療分野におけるアイデアを公募しプロジェクト化することで課題解決を目指します。

詳細はこちら

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から5年間で、国内外で750件の新規事業案件を審査し34件を育成、14の事業を立ち上げ。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

ランキング