2020.03.09

早稲田大学主催『第2回 WASEDA Demo Day』にSony Startup Acceleration Programが協賛参加

2020年2月13日(木)、早稲田大学 WASEDA-EDGE 人材育成プログラム主催『第2回 WASEDA Demo Day』が開催され、協賛企業としてSony Startup Acceleration Program(SSAP)が参加しました。イベントには起業及び新規事業立ち上げを検討している計21チームの学生が参加し、コンテスト形式でそれぞれのプロジェクト・アイデアを発表しました。

また特に優秀なチームには審査員特別賞や協賛賞が贈呈され、SSAPは「SSAP賞」を早稲田大学の安田 勇斗さん(チーム名:TOKIURI)に授与しました。
SSAPは今後、安田さんの案件に対してIncubationサービス3か月間コースを提供する予定です。

写真左:安田 勇斗さん 早稲田大学 /写真右:宮崎 祐史 SSAPアクセラレーター
あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から5年間で、国内外で750件の新規事業案件を審査し34件を育成、14の事業を立ち上げ。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

ランキング