2020.02.13

Sony Startup Acceleration Programから生まれた「エアロセンス」が住友商事と資本業務提携

2020年2月10日(月)、Sony Startup Acceleration Programから生まれた事業であるエアロセンス株式会社(以下エアロセンス)は、住友商事株式会社(以下住友商事)とドローンを活用した次世代建設分野への進出に向けて資本業務提携契約を締結しました。

エアロセンスと住友商事は、本提携を通じて、お客様とともに人間とロボットの新たな働き方を切り開き、建設業界の課題解決を目指します。

詳細はこちら

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から6年間で、50件以上の事業化検証、15の事業を創出(2020年7月1日時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

ランキング