2020.01.09

Sony Startup Acceleration Programが早稲田大学 知覚情報システム研究所の会話AIメディアサービス事業化を支援中

Sony Startup Acceleration Programは、早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究機構(GCS)知覚情報システム研究所 主任研究員 松山洋一さん(研究院 准教授)率いる、社会的会話AIを搭載したメディアサービスの事業化を支援しております。この度同サービスが、国立研究開発法人科学技術振興機構の「研究成果展開事業 大学発新産業創出プログラム(START)」にて応募数77件の中から、事業化案件に採択されました。

詳細はこちら

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から6年間で、50件以上の事業化検証、15の事業を創出(2020年7月1日時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

ランキング