2019.12.23

『WIRED』日本版主催「CREATIVE HACK AWARD」にて、Sony Startup Acceleration Programがソニー賞を審査

2019年12月9日(月)『WIRED』日本版主催「CREATIVE HACK AWARD」が開催され、Sony Startup Acceleration Program(SSAP)の小田島伸至が審査員を務めました。

当日は計14組のファイナリストがアイデアのピッチを行い、その中で優れたアイデアにグランプリ・準グランプリ・パブリック賞・ソニー賞・ワコム賞が授与されました。ソニー賞には大久保雅基さんのアイデアが選ばれ、SSAPのIncubationサービス3か月コースが授与されました。

「CREATIVE HACK AWARD」

詳細はこちらから

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から5年間で、国内外で750件の新規事業案件を審査し34件を育成、14の事業を立ち上げ。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

ランキング