2019.10.28
『WIRED』日本版主催「CREATIVE HACK AWARD」のソニー賞を受賞すると、Sony Startup Acceleration Programがサービスを提供︕

2019年度で7回目となる『WIRED』日本版主催の「CREATIVE HACK AWARD」に、Sony Startup Acceleration Program(SSAP)の小田島伸至がソニー賞の審査員として参加します。またアワード内で最終審査に進んだ作品の中から1組をピックアップし、ソニー賞としてSSAPのIncubationサービス3ヶ月コースを提供する予定です。

「CREATIVE HACK AWARD」は、「なにを(WHAT)」「なぜ(WHY)」「いかに(HOW)」ハックするのかを日本のクリエイターたちに問い、かつて映像作家の山田智和(第1回グランプリ)やメディアアーティストの落合陽一(第3回グランプリ)、昨年H&M Global Change Awardも受賞したスペキュラティヴ・ファッションデザイナーの川崎和也(第6回特別賞)などを輩出しています。

また「CREATIVE HACK AWARD」に参加するSSAPの小田島伸至のインタビューを、『WIRED』日本版に掲載いただきました。

https://wired.jp/2019/09/24/creative-hack-award-2019-ssap/

 

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から5年間で、国内外で750件の新規事業案件を審査し34件を育成、14の事業を立ち上げ。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

ランキング