2019.8.26
ウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」、クラウドファンディングを開始
News

ソニーは、本日より、ソニーのクラウドファンディングサイト「First Flight(ファースト・フライト)」にて、耳に装着するだけでスマートフォンなどを介さずに仲間との会話を可能にするウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO(ニスノ)-100」の支援募集(クラウドファンディング)を開始します。「NYSNO-100」はスタートアップの創出と事業運営を支援する「Sony Startup Acceleration Program(ソニー・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム/SSAP)」のオーディションを通過した案件で、現在事業化に向け準備を進めています。
https://first-flight.sony.com/pj/nysno

「NYSNO-100」とは

耳に装着するだけで、スマートフォンなどを介さずに離れた場所にいる仲間との会話を可能にするコミュニケーションギアです。ソニー独自の「グループトーク」機能を搭載しており、予め登録した最大3台の「NYSNO-100」同士が、2者間通信距離最長約500mの範囲で同時会話を楽しめます。
本製品は、耳を塞がずに周囲の音が聞こえる「アンビエントイヤーピース」や風切音を軽減する内蔵マイクなど、ソニーのオーディオ開発で培った技術を用いて高音質かつ自然でクリアな音と快適な通話環境を提供します。
さらに、海水に対応した防水性能や防塵、耐衝撃、耐低温性能を備えるとともに、激しい運動でも外れないイヤーハンガーが付いていることで、スノースポーツやサーフィン、マウンテンバイクといったアクティブなスポーツシーンでも使用することができます。

クラウドファンディング詳細

ファンディング目標額に達成すると、支援(予約購入)いただいたお客さまに製品をお届けできる仕組みです。支援いただいたお客さまからのフィードバックも活かしながら製品開発を進められます。

■クラウドファンディング開始:2019年8月26日
■クラウドファンディング終了:2019年9月26日(予定)

※支援プランの内容や製品の主な仕様、その他詳細は以下のサイトをご覧ください。
https://first-flight.sony.com/pj/nysno

「NYSNO-100」クラウドファンディング支援はこちらから!

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から5年間で、国内外で750件の新規事業案件を審査し34件を育成、14の事業を立ち上げ。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。