2019.7.18
ソニーと東京大学の社会連携講座、「Sony STEAM Studio 2019」でaiboをテーマに新プログラム実施
News

ソニーは、2019年8月17日(土)、18日(日)の2日間、ソニー本社ビルにて、小学校3年生から6年生とその保護者を対象としたワークショップイベント「Sony STEAM Studio2019」を開催します。今回はソニーと東京大学の社会連携講座の一環として、大学生を対象としたワークショップ「Video competition with aibo at Sony STEAM Studio」が新たなプログラムとして加わります。

aibo

イベント当日、東京大学の大学生を中心メンバーとする参加者は数名ごとのチームに分かれ、aiboを題材に動画制作にチャレンジします。aiboのソフトウェアAPI(今夏公開予定)を使ってオリジナルの動きを作成したり、ストーリーの構成や装飾などの演出を考えたりして動画制作を行う中で、アイデアをカタチにしていく一連のプロセスを体験できます。またイベント時にはaiboのマーケティング担当者も参加し、制作をサポートします。学生たちは、より実践に近い環境で課題に取り組むことで、ビジネスに必要な考え方やスキルを習得することができます。

完成した動画は、aiboのマーケティング担当者が講評を行い、当日その場で優勝作品を決定する予定です。優勝チームには、aiboの公式動画採用を目指し作品の質をさらに高めるための機会が提供されます。

東京大学内では、aiboを題材にした動画制作ワークショップ「Video competition with aibo at Sony STEAM Studio」に向けて説明会が行われ、多くの学生が参加しました。

aibo
※参加者の公募は予定しておりません。

ソニーと東京大学は2019年4月より、Sony Startup Acceleration Programの事業育成の枠組みを導入した社会連携講座を開講しており、アイデアの事業化のためにチームで実証結果を競う「オーディション」を軸に、考え方とスキルを学ぶ「トレーニング」と、アイデアと仲間を集める「ワークショップ」を実施しています。
今回の大学生を対象としたワークショップ「Video competition with aibo at Sony STEAM Studio」の他にも様々な活動をしておりますので、随時ご紹介してまいります。

※本講座情報 正式名称:創造設計とスタートアップの実践(通称:Ignite Your Ambition)
ソニーと東大生で野心的なアイデアを共に生み出し、起業家精神をもって挑戦していく実践型の社会連携講座です。本講座のカリキュラムを通して、将来事業化が見込めるアイデアの発掘や支援を行うと共に、アイデアを事業のカタチにしていく一連の事業開発プロセスを実践しながら、スタートアップの創出に必要な考え方やスキルを習得します。
・対象アイデア:ビジネス(スタートアップ)、メディアアート、社会課題解決策
・講座設置期間:2019年4月1日~2021年3月31日予定
https://ignite-your-ambition.com/

※プレスリリース:ソニーと東京大学が「産学協創エコシステム」の発展に向けた社会連携講座設置に関する契約を締結
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201902/19-0220/index.html

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から5年間で、国内外で750件の新規事業案件を審査し34件を育成、14の事業を立ち上げ。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。