2023.03.30

大企業の組織内で通用するアイデア作りを徹底サポート!ソニーのコンセプト・ビジネスモデル整理支援

 

ソニーの新規事業支援プログラムSony Startup Acceleration Program(SSAP)は、法人のお客様を対象に、企業内で新規事業の投資承認を得るために必要なアイデアの言語化・可視化を支援する「コンセプト・ビジネスモデル整理支援」を有償提供しています。

コンセプト・ビジネスモデル整理支援

お悩み「事業アイデアの整理の仕方、効果的な伝え方がわからない」「事業アイデアに具体性・客観性がないため、自信が持てない、共感してもらえない」

SSAPが生み出したオリジナルのフレームワーク「ビジネスモデルコア」を利用し、誰の、どんな課題を、どんな商品(Minimum Viable Product : MVP)で、いくらで解決するのかを要点を押さえながらまとめることができます。事業化経験豊富なソニーの商品企画担当者、デザイナーが、リアリティと納得感のある仮説構築を短期間で実現します。

■支援の特長

  • 数多くの事業化を実現した事業会社としての視点・ノウハウによる、理論だけに留まらないリアルな実例の参照
  • ソニーで実際に商品企画を担当してきたアクセラレーターによるリアリティのある仮説づくり
  • 検討を加速化する「ビジネスモデルコア」をはじめとするSSAPオリジナルのツール
ビジネスモデルコア サンプル

■支援実績

株式会社ニチレイ:新規ブランドのマーケティング・ブラン ディング施策のさらなる改善を支援しました。
株式会社LIXIL:マグネット脱着のキャットウォール「猫壁」のペルソナやカスタマージャーニーの整理を支援しました。

 

■こんな方にオススメ

企業内で新規事業を推進する中で、具体的な課題をお持ちの方へ。SSAPのビジネスデザイナーが課題の整理をお手伝いします。

 

■ご相談対象

  • 社内公募の企画設計に関する課題整理
  • 新規事業の推進に関する課題整理

支援担当アクセラレーター例

Sony Startup Acceleration Programアクセラレーター アイデア可視化担当 木村 隆志
  • マーケティングリサーチ会社にて、リサーチ・コンサルティング業務に従事した後、ソニーの映像機器の商品企画を担当。
  • SSAPでは市場調査から商品企画、販売マーケティングまで幅広い領域を担当し、京セラ株式会社や株式会社LIXILなどを支援。

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)は、「あらゆる人に起業の機会を。」をコンセプトに、2014年に発足したスタートアップの創出と事業運営を支援するソニーのプログラム。ソニー社内で新規事業プログラムを立ち上げ、ゼロから新規事業を創出した経験とノウハウを活かし、2018年から社外にもサービス提供を開始。経験豊富で幅広いスキルとノウハウをもったアクセラレーターの伴走により690件以上の支援を24業種の企業へ提供。大企業ならではの事情に精通。(※ 2024年5月末時点)