メニュー 開く メニュー 閉じる

News

『AI/SUM 2019』大学ビジコンにて、「チームBEN」がソニー賞を受賞

2019.5.13

ソニーがスポンサーを務める、日本経済新聞社主催のグローバルAIカンファレンス「AI/SUM(アイサム)-アプライドAIサミット-」が4月22日~24日の3日間開催され、同イベント内の「全国大学ビジネスプランコンテスト(大学ビジコン)」にて、Sony Startup Acceleration Program(ソニー・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム)の小田島伸至が審査員を務めました。

大学ビジコンでは、計8組の大学生がAIに関するアイデアのピッチを行い、その中で優れたアイデアに最優秀賞・優秀賞・ソニー賞・NEC賞が授与されました。当日のピッチでは、東京大学の学生2名による「チームBEN」がソニー賞を受賞しました。ソニー賞の副賞としては、Sony Startup Acceleration Programの事業化支援サービス1か月トライアル券と、Innovation Tour Europe参加券が学生に授与されました。ソニー賞を受賞した「チームBEN」は、便を使った大腸がんのリスク評価を提案し、ソニー賞に加え最優秀賞も受賞しました。

(写真上:大学ビジコンでのピッチの様子、写真下左:ピッチ中の審査員による質疑応答、写真下右:表彰式にてソニー賞授与)

・Sony Startup Acceleration Program(SSAP)について

2014年、ソニーのスタートアップの創出と事業運営を支援する「Seed Acceleration Program(シード・アクセラレーション・プログラム/SAP)」として開始。アイデア出しから事業運営、販売、アライアンスに至るまで総合的に支援する仕組みを整備。これまでに国内外で750件の新規事業案件を審査し34件を育成、14の事業立ち上げを通じて培ってきた経験やノウハウを、スタートアップ支援サービスとして社外にも提供。2018年12月より、ソニー本社オフィス内に、社外の新規事業プロジェクトが入居可能な専用スペースが設置されるなど、社外との連携を強化。2019年2月20日より、名称を「Sony Startup Acceleration Program(SSAP)」に変更。