メニュー 開く メニュー 閉じる

News

事業化支援サービスを提供中の「まごころポスト」プロジェクトが、起業家甲子園で総務大臣賞を受賞!

2019.4.8

ソニーは、スタートアップの創出と事業運営を支援する「Sony Startup Acceleration Program(ソニー・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム、以下、SSAP)」の事業化支援サービスを、NPO法人 Ryukyu Frogsから生まれた「まごころポスト」プロジェクトに提供しています。
この度、「まごころポスト」プロジェクトが総務省主催の起業家甲子園2019にて、「総務大臣賞」を受賞・優勝しました。起業家甲子園とは、全国から選抜された高専学生、大学生及び、大学院生の若者が、ICTを用いて自ら開発した商品・サービスをICTメンタープラットフォームメンターとともに更に磨きをかけ、アントレプレナーシップ魂を込めたプレゼンテーションにより競い合うビジネスコンテストです。

まごころポストプロジェクト代表 津覇誉一氏は下記のようにコメントしています。

「まごころポストは、沖縄出身の私が大学進学で上京したことを機に、なかなか会うことができなくなってしまった祖父母に喜んでもらえるプロダクトを作りたいと思い始めたプロジェクトです。昨年の9月に、Ryukyufrogsのプログラム内で、1人でスタートしたプロジェクトですが、今では同じ志を持って進んでいける心強い仲間もでき、Ryukyufrogsを通して磨いてきたこの想いを必ず実現したいと思い、事業化に向けてチャレンジすることを決意しました。 Ryukyufrogsのプログラム期間中から、ソニーの方々にはたくさんのサポートいただいておりました。プロダクトを具現化・事業化するノウハウと、熱い想いを持つSSAP の方々の協力のおかげで、まごころポストもここまで進めることができました。私たちの想いの実現に向けさらに加速していく上で、共に走り続けていただけるSSAP の支援の存在は、これからも間違いなく大きな力になると考えました。さらなる飛躍に向け、この貴重な機会を全力で活かしていきます。」

・Sony Startup Acceleration Program(SSAP)について

https://sony-startup-acceleration-program.com/
2014年、ソニーのスタートアップの創出と事業運営を支援する「Seed Acceleration Program(シード・アクセラレーション・プログラム/SAP)」として開始。アイデア出しから事業運営、販売、アライアンスに至るまで総合的に支援する仕組みを整備。これまでに国内外で750件の新規事業案件を審査し34件を育成、14の事業立ち上げを通じて培ってきた経験やノウハウを、スタートアップ支援サービスとして社外にも提供。2018年12月より、ソニー本社オフィス内に、社外の新規事業プロジェクトが入居可能な専用スペースが設置されるなど、社外との連携を強化。2019年2月20日より、名称を「Sony Startup Acceleration Program(SSAP)」に変更。